伊都キャンパス便り

春・「アグリ・バイオ研究施設」    2011/04/01


『 アグリ・バイオ研究施設』が菜の花色に染まりました!

 昨年10月下旬、農学部附属農場教職員が植え付けた菜の花が
冬の寒さを越え、今、満開です。
 植え付け時期が多少遅かったこと、施肥を抑えていることから
通常の生育状態からすると高さは劣りますが、色の鮮やかさは
目を見張るばかりです。
   約2fにも及ぶ黄色が風にそよぎ、春の暖かい日差しに溶けて、
人を優しく慰撫してくれるようにさえ見えます。
せめても、東北関東大震災の被災地の方々にこの黄色の持つ明るさ、
暖かさが伝えられればと思えてなりません。
 

  

『 菜の花プロジェクト』

 平成22年4月「アグリ・バイオ研究施設」が完成し、6月には
農学研究院分室の移転を含め、研究室入居、研究を開始しましたが、
建物周辺は、殺風景な雑草に囲まれていました。
 そこで、農場企画WG会議(望月WG長)が検討の結果、平成22年
9月27日開催のWGにおいて、除草対策として菜種の栽培を
実施することとしました。
 菜種を育て、無農薬の菜種油を採取、農場ブランドとして販売可能、
と壮大な企画の「菜の花プロジェクト」。建設後の敷地は、農場用地
でないことから石、鉄くずなどが残留しており、植え付けまでの整備に
相当の力を要しましたが、なんとか、菜種の植え付け期限である
10月末までに播種できました。
 なかなか背が伸びず心配していましたが、2月中旬ころになって
よくよく観察していると、小さいながら精一杯に蕾がかたまって
春を待っていました。
 3月中旬には、背丈の高いところからちらほら黄色が顔をのぞかせ
ました。
 3月最後のこの1週間ほどで敷地全体がぼんやりと黄色くなった
かと、見ている間に昨日、今日で一気に黄色に染まりました。
 幸せ色の黄色、農場教職員の尽力に感謝すると共に、箱崎キャンパスにも伊都キャンパスの春をお届けします。
 伊都キャンパスにこられましたら、「アグリ・バイオ研究施設」まで
足を延ばして春を堪能してください。




過去の伊都キャンパス便り

☆ 2011/10/15
アグリ・バイオ研究施設・研究の拡大と進展に向けて
☆ 2010/04/07
「アグリバイオ研究施設」竣工・施設見学会を実施
☆ 2010/01/05
「アグリバイオ研究施設」建設の様子
☆ 2009/11/13
無人野菜販売所の開所式が行われました
☆ 2009/10/13
伊都キャンパスウエストゾーン第2期竣工披露式が行われました
☆ 2009/10/09
伊都キャンパス「さきがけ研究部門」
☆ 2009/04/13
伊都キャンパスセンターゾーン始動!
☆ 2009/04/03
新入生を迎える準備が整いました!
☆ 2009/02/24
これは、いったい何だろう?
☆ 2009/01/12
ある冬の日の伊都キャンパス
☆ 2008/07/07
全学教育棟建設の様子
☆ 2008/06/01
分室からの眺め