伊都キャンパス便り

新入生を迎える準備が整いました!    2009/04/03

4月7日(火)の入学式を前に、伊都キャンパスセンターゾーンは開放感溢れるキャンパスとして整備されました。4月6日(月)には、同ゾーンでオープニング・セレモニーが予定されています。

伊都キャンパスセンターゾーンの位置


開放的に開かれた正面入り口中央では、書家/アーティストである柿沼康二氏による「九州大学」の力強い文字が来る人たちを出迎えます。

「九大ビッグオレンジ前」バス停と正面入り口を結ぶ通路には、まだ初々しい姿のサクラ並木があります。
センター1号館。
ここには、比較社会文化学府等事務部(1階)と学務部全学教育課(2階)が入っています。
センター1号館の中は、白を基調に、階段やドアなどにアクセントカラーが使われています(写真左下)。窓辺のちょっとしたスペースには、テーブルと椅子が配置されています(写真右下)。
センター1号館(写真左の建物)とセンター2号館(写真右の建物)は3階部分でつながっています。
センター2号館。
センター2号館の南側は展望スペースになっています(写真左下)。建物には吹き抜けがあり、明るい光が差し込んできます(写真右下)。吹き抜け部分は、オレンジなどのアクセントカラーになっています。

情報発信拠点であるビッグオレンジも一部新しくなり、レストランが開設されました。

比較社会文化・言語文化研究教育棟の前の広場には、例の“もこもこ”があります。
食堂・売店「ビッグさんど」。
南側は一面窓になっており、明るい雰囲気のビッグさんど(写真左下)。ここには若い食欲を満たすメニューが低価格で用意されています。
奥の一角は、少し落ち着いた雰囲気になっています(写真右下)。

センターゾーンを奥に進むとウエストゾーン(工学系地区)へとつながります。写真奥に見える建物が、分室のあるウエスト2号館です。

ウエストゾーン側からみたセンターゾーンの様子。




※「糸島 旬の弁当」販売開始!(4月13日から)

佐藤剛史助教が発起人となり立ち上がった「九大の食を守る地産地消プロジェクト」では、
4月13日午前11時より伊都キャンパス福利厚生施設「九大あかでみっくらんたん」にて「糸島 旬の弁当」(1個400円)と銘打ったお弁当の販売を開始します。
「学生に、糸島野菜を使った手作り弁当を食べさせたい」という熱い思いが込められたお弁当です。

→糸島新聞にも掲載されました。(掲載記事を読む

過去の伊都キャンパス便り

☆ 2009/02/24
これは、いったい何だろう?
☆ 2009/01/12
ある冬の日の伊都キャンパス
☆ 2008/07/07
全学教育棟建設の様子
☆ 2008/06/01
分室からの眺め