農業薬剤化学研究室
本文へジャンプ
九州大学大学院 農学研究院
農業薬剤化学研究室
  本研究室では、生物がいとなむ各種の生命現象において、生物が生産する化学物質を化学的立場より解析する、すなわち生物の様々な生理機構と生体内化学物質との関係を解明を目指しています。特に私達は、有機化学に重点を置き、昆虫・高等植物・微生物に対して生物活性を有する化合物の開発(分子設計・合成、構造活性相関)を行い、見出された生理活性物質を有効な分子プローブとして利用し、生命現象をコントロールする生体内化学物質の生理的機能の解明を行っています。さらには新規の生理活性物質の作用性機構の解明と、生物生産への応用利用に関する研究も行っています。



■所 属 : 教員と学生は同じ研究室で研究活動を行っていますが、各々が所属する組織が異なっています。
         教 員     : 農学研究院 生命機能科学部門  
         大学院生  : 生物資源環境科学府専攻 生物機能分子化学教育コース
         学部4年生 : 農学部応用生物科学コース 応用生命化学分野

■配 置 : 当研究室は農学部5号館6階にあります。
        福岡市営地下鉄箱崎線の貝塚駅下車、貝塚門が便利です。


イメージ