農業薬剤化学研究室



Top Page Research Member Publications Laboratory Link
 

  研究室情報



特徴ある化合物ライブラリーの提供と構造展開支援をはじめました!
周期表第15-17族 主に重ヘテロ元素含有複素環ライブラリーです。
ご希望に応じますのでお気軽にご連絡ください。

○●学会発表情報●〇

【2023年】

・九州大学学術研究都市セミナーin東京2023 (2023.12.11・ホテル雅叙園東京・依頼講演)
 「環境ストレス応答医農薬品の分子設計・化学合成と生物活性」
 〇有澤 美枝子

・第96回 日本生化学会大会 (2023.10.31-11.02・福岡国際会議場・依頼講演)
 「ペプチドポリスルフィドおよび有機セレン誘導体の合成化学的供給法」
 〇有澤 美枝子

・第96回 日本生化学会大会 (2023.10.31-11.02・福岡国際会議場・口頭)
 「抗生物質の多様性を生み出す2種類の硫酸転移酵素の立体構造解析」
 〇岩本 祐香・鈴木 凱登・矢ア 雅菜・有澤 美枝子・寺本 岳大・角田 佳充

・第96回 日本生化学会大会 (2023.10.31-11.02・福岡国際会議場・ポスター)
 「SARS-CoV2由来MProに対するコバレントドラッグの開発」
 〇千田 大智・羽深 友哉・外山 喬士・赤池 孝章・有澤 美枝子・矢ア 雅菜・齋藤 芳郎

・新興硫黄生物学が拓く生命原理変革 第3回 領域会議 (2023.09.16-18・熊本阿蘇・ポスター)
 「Rhodium-catalyzed Synthesis of Peptide Polysulfides and Organoselenium Derivatives Using Sulfur/Selenium」
 〇Mieko Arisawa

・第69回 有機金属化学討論会 (2023.09.13-15・大阪大・口頭)
 「Rh-Catalyzed Synthesis of Unsymmetric Bicyclic Linked Compounds and Biological Activity」
 〇有澤 美枝子・矢ア 雅菜・大塚陽彩

・未来社会デザイン統括本部&データ駆動イノベーション推進本部合同シンポジウム2023 (2023.09.04・九州大学・ポスター)
 「人工知能AI技術と暗黙知を活用した医農薬品候補物質の開発」
 〇有澤 美枝子
 ≪優秀賞 受賞≫

・第35回 若手研究者のためのセミナー (2023.08.19・九州大学・依頼講演)
 「無保護ペプチドポリスルフィド類のロジウム触媒的合成と変換」
 〇矢ア 雅菜・有澤 美枝子

・JSTムーンショット型研究開発制度 進捗報告会 (2023.07.11・東京大学・ポスター)
 「AI技術を活用したバイオスティミュラント候補物質の開発」
 〇有澤 美枝子

・第 55 回有機金属若手の会夏の学校  (2023.07.03-05・佐賀県・ポスター)
 「ヘキサフェニルシクロヘキサアルシン(AsPh)6を用いたロジウム触媒トリアルソール合成反応」
 〇大塚 陽彩・有澤 美枝子

・第 55 回有機金属若手の会夏の学校  (2023.07.03-05・佐賀県・口頭)
 「無保護ペプチドジスルフィドへのロジウム触媒パーフルオロアレーン・イオウ挿入反応」
 〇矢ア 雅菜・有澤 美枝子

・第60回化学関連支部合同九州大会  (2023.07.01・北九州・ポスター)
 「無保護ペプチドポリスルフィド類のロジウム触媒的合成と変換」
 〇矢ア 雅菜・福本 昂平・有澤 美枝子
≪優秀発表賞 受賞≫ 第35回 若手研究者のためのセミナーへ招待参加します!

・第60回化学関連支部合同九州大会  (2023.07.01・北九州・ポスター)
 「ヘキサフェニルシクロヘキサアルシン(AsPh)6を用いたロジウム触媒トリアルソール合成反応と生物活性」
 〇大塚 陽彩・有澤 美枝子

・第33回万有福岡シンポジウム  (2023.06.03・九大・ポスター)
 「無保護ペプチドジスルフィドへのロジウム触媒イオウ・パーフルオロアレーン挿入反応」
 ○矢ア 雅菜・有澤 美枝子
 ≪Best Poster賞 受賞≫ 次年度万有仙台シンポジウムへ招待参加します!



・万有福岡シンポジウム第16回三地区若手交歓会福岡ミニシンポジウム  (2023.06.02・九大・依頼講演)
 「無保護ペプチドジスルフィドへのロジウム触媒パーフルオロアレーン・アリールアルシン・イオウ挿入反応」
 ○矢ア 雅菜・有澤 美枝子

・水島パネル第3回"創発の場"  (2023.05.29-30・神奈川県湯河原・口頭&ポスター)
 「生体親和性分子が担う環境ストレス応答医農薬品の創生」
 ○有澤 美枝子

・日本化学会 第103春季年会2023  (2023.03.22-25・東京理科大・口頭)
 「無保護ペプチドジスルフィドへのイオウ挿入によるロジウム触媒的ペプチドポリスルフィド合成」
 〇福本 昂平・矢ア 雅菜・有澤 美枝子

・日本化学会 第103春季年会2023  (2023.03.22-25・東京理科大・口頭)
 「無保護ペプチドジスルフィドへのロジウム触媒パーフルオロアレーン挿入反応」
 福本 昂平・○矢ア 雅菜・有澤 美枝子

・日本化学会 第103春季年会2023  (2023.03.22-25・東京理科大・口頭)
 「ヘキサフェニルシクロヘキサアルシンを用いる新規環状アザアルシン誘導体のロジウム触媒合成」
 矢ア 雅菜・○宮本 将志・大橋 慶一朗・山田 直隆・有澤 美枝子

・日本農芸化学会2023年度広島大会  (2023.03.15・オンライン・口頭)
 シンポジウム「農芸化学の新たな潮流: 有機化学で新風を巻き起こす研究者たち」依頼講演
「有機ヘテロ元素化合物のロジウム触媒合成と生物活性」
 ○有澤 美枝子

・第10回TR推進合同フォーラム・ライフサイエンス技術交流会  (2023.02.28・九州大学医学部百年講堂・ポスター)
「生体親和性分子を利用する医薬品候補化合物の探索」
 ○有澤 美枝子

【2022年】

・Yoshida Prize Symponium [International Organic Chemistry Foundation] (2022.11.28・Kyoto・Oral)
 「Metal-catalyzed Synthesis, Design, and Biological Activity of Organoheteroatom Compounds」
 〇Mieko Arisawa

・Tateshina Conferencenon Organic Chiemistry (2022.11.11-13・Tateshina・Poster)
 「Rh-Catalyzed Insertion Reaction of Unprotected Peptide Disulfides」
 〇Mieko Arisawa

・VISION EXPO オープンイノベーションワークショップ (2022.11.10・九州大学・ポスター)
 「環境ストレス応答のための生体親和性分子の創生」  〇有澤 美枝子

・山田科学振興財団 研究交歓会(日本化学会推薦) (2022.10.29・東京コンファレンスセンター品川・口頭)
 「触媒的複素環交換反応による多様な非対称複素環化合物の合成と生物活性」
 〇有澤 美枝子

・JSTムーンショット事業 目標3 PD/AD報告会 (2022.10.14・東京大学・口頭)
 「AI技術を活用したバイオスティミュラント候補物質の開発」
 〇有澤 美枝子

・JST創発的研究支援事業 2022年度メンタリング報告会 (2022.10.13・オンライン)
 「生体親和性分子が担う環境ストレス応答医農薬品の創生」
 〇有澤 美枝子

・日本農芸化学会 2022年度西日本支部大会 (2022.9.22-23・長崎・口頭)
 「キナバクチンをリード化合物とした抗ABA活性物質の探索」
 〇山田 直隆・高杉 航平・吉村 昂大・有澤 美枝子

・日本農芸化学会 2022年度西日本支部大会 (2022.9.22-23・長崎・口頭)
 「無保護ペプチドジスルフィドS-S結合へのロジウム触媒的
  イオウ挿入反応」
 〇福本 昂平・有澤 美枝子

・日本農芸化学会 2022年度西日本支部大会 (2022.9.22-23・長崎・口頭)
 「ヘキサフェニルシクロヘキサアルシンを利用する新規環状アザアルシン誘導体のロジウム触媒合成」
 矢ア 雅菜・〇宮本 将志・大橋 慶一朗・山田 直隆・有澤 美枝子

・第68回 有機金属化学討論会 (2022.9.6-8・オンライン・口頭)
 「ロジウム触媒を用いる水中均一系ペプチドジスルフィド生成と化学修飾法の開発」
 〇有澤 美枝子・福本 昂平・矢ア 雅菜

・第59回 化学関連支部合同九州大会 (2022.7.2・福岡・口頭)
 「有機ヘテロ元素化合物の遷移金属触媒合成と生物活性」
 〇有澤 美枝子

・第59回 化学関連支部合同九州大会 (2022.7.2・福岡・ポスター)
 「無保護ペプチドジチオールのロジウム触媒的メチレン架橋環化反応の開発」
 〇福本 昂平・有澤 美枝子
 ≪優秀発表賞 受賞≫

・第59回 化学関連支部合同九州大会 (2022.7.2・福岡・ポスター)
 「ロジウム触媒による無保護ペプチドジスルフィドへのアリール基挿入反応」
 福本 昂平・〇矢ア 雅菜・山田 直隆・有澤 美枝子
 ≪優秀発表賞 受賞≫



・第59回 化学関連支部合同九州大会 (2022.7.2・福岡・ポスター)
 「多様な新規環状アザアルシン化合物群のロジウム触媒合成」
 矢ア 雅菜・〇宮本 将志・大橋 慶一朗・山田 直隆・有澤 美枝子

・JST創発的研究支援事業「融合の場」第1回 公開シンポジウム (2022.6.15・福岡・口頭)
  「生体親和性分子が担う環境ストレス応答医農薬品の創生」
 〇有澤 美枝子

・第32回 万有福岡シンポジウム (2022.6.4・福岡・ポスター)
 「無保護ペプチドジスルフィドへのロジウム触媒アリール基挿入反応」
 〇矢ア 雅菜・福本 昂平・山田 直隆・有澤 美枝子

・2022年度 日本農芸化学会大会 (2022.3.17・オンライン・ポスター)
 「無保護ペプチドチオールのロジウム触媒的水均一系酸素酸化反応」
 〇福本 昂平・有澤 美枝子

・2022年度 日本農芸化学会大会 (2022.3.17・オンライン・ポスター)
 「無保護ペプチドジスルフィドへのロジウム触媒アリール基挿入反応」
 福本 昂平・〇矢ア 雅菜・山田 直隆・有澤 美枝子

・2022年度 日本農芸化学会大会 (2022.3.17・オンライン・ポスター)
 「ヘキサフェニルヘキサアルシンを用いる環状アザアルシン誘導体のロジウム触媒合成」
 矢ア 雅菜・〇宮本 将志・澤畑 恭佑・大橋 慶一朗・山田 直隆・有澤 美枝子

・第47回 日本農薬学会大会 (2022.3.7-9・オンライン・口頭)
 「Genistein を代謝するカイコ・硫酸転移酵素(swSULT3)の機能解析
 〇山本 幸治・山田 直隆・黒木 勝久・榊原 陽一・水光 正仁

・第2回 水島パネル交流会 (2022.3.6・オンライン・口頭)
 「生体親和性分子が担う環境ストレス応答医農薬品の創生」
 〇有澤 美枝子

・第21回 分子予防環境医学研究会大会 (2022.2.11・オンライン・口頭)
 「セレン含有化合物エブセレンによるCOVID-19治療の可能性」
 〇外山 喬士・羽深 友哉・有澤 美枝子・赤池 孝章・斎藤 芳郎


【2021年】
・令和3年度 博士課程後期二年研究討論会 (オンライン・口頭)
 「Rhodium-Catalyzed Formation and Modification of Peptide Disulfides in Water」
 〇Kohei Fukumoto

・第2回 有機合成化学講演会(2021.11.19・山口・口頭)
 「新規な有機ヘテロ元素化合物の遷移金属触媒合成と機能開発」
 〇有澤 美枝子

・第119回 有機合成シンポジウム (2021.11.9-10・オンライン・口頭)
 「ロジウム触媒を用いる水中均一系ペプチドジスルフィド生成と化学修飾法の開発」
 〇福本 昂平・有澤 美枝子

・ONLINE POSTER SESSION SERIES PART4
 (2021.11.2・オンライン・ポスター)
 「生体親和性分子が担う環境ストレス応答医農薬品の創生」
 〇有澤 美枝子

・第53回 有機金属若手の会夏の学校 (2021.7.1-4・東京・口頭)
 「ロジウム触媒を用いる水中均一系ペプチドジスルフィド生成と化学修飾法の開発」
 〇福本 昂平

・第118回 有機合成シンポジウム (2021.6.23-24・福岡・ポスター)
 「ロジウム触媒を用いるペプチドジスルフィドの水中均一系チオリン酸エステル化反応」
 〇福本 昂平・有澤 美枝子

・第31回 万有福岡シンポジウム (2021.6.4-5・福岡・ポスター)
 「無保護ペプチドチオールの水中均一系ロジウム触媒的酸素酸化反応」
 〇福本 昂平・有澤 美枝子


Copyright © 2021 九州大学大学院農学研究院農業薬剤化学研究室 All rights reserved.