TOP
プログラム概要
募集要項・各種様式
安全の指針 
派遣者リスト 
ニュースレター 
派遣者ブログ
英語講義 
リンク集 
お問い合わせ 

派遣決定後の手続き等について
 (派遣者用)
English
オープンプロブレム概要〔PDF 
助教・ポスドク向けQ&A〔PDF 
 


aaあ

(1)情報収集 
海外における実習・調査・研究においては、治安や衛生状況、あるいは風土病や危険生物など日本国内とは様々な事情の相違があり、場合によっては重大な事故や病気で命を落とす可能性もあります。日本の衛生状態は世界で最も安全であると心得て、派遣先の国・地域の情報を事前にできる限り収集するなど、健康管理と事故防止・安全衛生管理に万全を尽くしましょう。
基本情報収集サイト

1)外務省海外安全ホームページ http://www.pubanzen.mofa.go.jp/
2)外務省「在留邦人向け安全の手引(国別)http://www.anzen.mofa.go.jp/manual/index.html
3)外務省渡航関連情報 http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/

■九州大学農学部 安全の指針(抜粋)
  10.4海外調査 日本語〔
PDF〕 English version〔PDF


(2)保険加入
◎学生の方は「学生教育研究災害傷害保険」に加入していますが、この保険は日常や旅行
 中の病気、携帯品の紛失、他人の財物破損や身体障害に対する賠償責任等をカバーする
 ものではありません。
◎「学研災付帯賠償責任保険」に加入している場合も、正課外の賠償責任はカバーされま
 せん。
◎クレジットカードには海外傷害保険が付帯されていますが、補償の内容はカードにより異
 なります。補償額が低い、救援者の人数が限られる、キャッシュレスサービス(*)がないな
 ど内容が不十分な可能性があります。
        *旅行中に病院で治療を受けた際、保険会社が病院に直接支払いをしてくれるサービス
海外では日本では考えられない程高額な医療費が発生したり、経済的な裏付けがないこと
を理由に治療自体が受けられないこともあります。

必ず、信頼できる海外旅行傷害保険に加入して下さい。

 〈保険加入の際の留意点〉
 @疾病・傷害治療、賠償責任、救援者費用(*)、キャッシュレスサービスが含まれている
 A治療救援補償額が2000万円以上である

 B渡航期間を十分に満たしている
                          *看護が必要な病気やケガの際、家族などの渡航費にかかる費用。

 加入手続き
 ■株式会社大学生協保健サービス 
http://hoken.univcoop.or.jp/travel/index.html

 ◎この他、病気の予防のために渡航地域の情報をチェックし、必要に応じて医師に相談、
 予防接種を受けて下さい
 ・外務省「世界の医療情報」 
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/index.html
 ・外務省「感染症(新型インフルエンザ等)関連情報」
             http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kansen/influenza/index.html

 ・厚生労働省検疫所(FORTH)ホームページ http://www.forth.go.jp/

 ※各国の危険情報・感染症情報については、必ず各自チェックして下さい。



(4)緊急連絡

緊急時の連絡に備え、以下のことを確実に行って下さい。


)関係者やご家族に、日程・滞在先・連絡手段を伝えておく。
)現地の最寄りの大使館や領事館の住所、電話番号を把握し、現地に携行する。

※できれば海外でも使えるGSM対応携帯電話を持参して下さい。
 (レンタルサービスもあります)

海外携帯レンタル比較ナビ http://www.mobistar.jp/
海外携帯電話レンタルSIMカード販売 http://www.mobell.co.jp/


(5)ビザについて


 滞在にビザが必要であるかについては、派遣先の国、目的、期間により異なりますので、各自
 ご確認下さい。問い合わせ先は日本国内にある派遣先国の大使館・総領事館、航空券を購入
 した旅行会社等にお願い致します。
 〈参考〉各国査証手続き http://art-tourist.co.jp/kakkokuvisa.html
 各国大使館・総領事館 http://www.mofa.go.jp/mofaJ/link/emblist/index.html


 ※アメリカ合衆国での滞在について※
 2009
112日から、ビザを必要としない90日以内の短期滞在目的で米国を訪問する場合
 は、事前に電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization ESTA)
 従って申請を行い、認証を受けることが義務づけられました(申請費用:1人当たり14米ドル)
 各自手続きを行って下さい。


 ■手続きはこちら→
https://esta.cbp.dhs.gov/

 詳しい情報
 外務省「渡航関連情報:パスポート」

     http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/us_esta.html
 米国大使館ESTA(エスタ)申請公式ウェブサイト
     http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-esta2008.html



 ビザの発給に際し証明書が必要な場合は、どのような内容の証明が必要であるか提出先に
 ご確認の上、戦略企画係までお問い合わせ下さい。
 例) 滞在費証明書、プログラム採用証明書、身分証明書など



(6)その他関連リンク

〈安全情報〉
  外務省「海外安全パンフレット・資料」 http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html
  日本海外ツアーオペレーター協会 http://www.otoa.com/

〈保険関係〉

  JEES学生教育災害傷害保険 http://www.jees.or.jp/gakkensai/index.htm
  大学生協の学生総合共済 http://www.tanuro.com/

〈その他〉
  
外務省「非日本語環境パソコンからの渡航情報(日本語)の閲覧」
                    
http://www.anzen.mofa.go.jp/img_toko/index.html


   
   

 
  本ホームページの製作維持及び管理:九州大学農学部戦略企画係
住所:〒812-8581 福岡市東区箱崎6-10-1
Tel.092-642-7459, Fax.092-642-2804