九州大学ゲノム解析コンソーシアム

概要

21世紀に入り、従来からのサンガー法に代わりパイロシークエンス法などが導入され、次世代型シークエンサーと呼ばれる新機種の開発で、これまでのゲノム解析分野が大きく様変わりしてきています。特に、配列決定のスピードの速さと、読まれる配列の量が桁違いで、ヒトゲノムプロジェクトを支えてきた従来機種ABI3730型シークエンサーと比較しますと、その能力は100倍以上になっています。
九州大学では、4台のシークエンサー(454FLX-Ti 2台、GAIIx 2台)を保有しており、年間の配列決定能力は1150GB(1.15TB)を超えます。ここに、「九州大学ゲノム解析コンソーシアム」を設置し、生物学諸分野の発展に寄与するため、ゲノム解析の運用を実施いたしますので、多くの研究にご利用をお願いします。

シークエンサー

454FLX-Ti
特徴:業界トップのロングリード(平均400bp)と高精度なデータにより幅広いアプリケーションで論文実績があるシークエンサーです。
de novo配列解析、ターゲットシークエンスやメタゲノム解析には特に最適です。
 
GAIIx
特徴:決定されたゲノムの再配列決定によるSNP等の個人差の解析やmRNAの発現を解析するのに適するという特性があります。またChIP-Seqなどのエピゲノム解析にも適しています。

シーケンサー受付&ゲノム解析等

下記の担当者にご連絡いただき、ご相談下さい。
メールアドレスの(アット)は@に書き換えて入力ください。