ホーム >> TCS SP8 STED

共焦点・超解像顕微鏡 TCS SP8 STED

Confocal Laser Scanning Microscope with STED Super Resolution Unit

souchi

概要

メーカー: ライカマイクロシステムズ株式会社
形式など: TCS SP8 STED
設置場所: 農学部5号館201-3室

 TCS SP8を使用した共焦点観察、及び、STED(誘導放出制御)法による超解像観察が可能です。

主な仕様

顕微鏡本体 倒立顕微鏡
観察環境 ・室温(23℃エアコン制御)下での観察

※付属装置「顕微鏡培養装置」使用により、温度・湿度・CO2制御下での観察が可能です。
制御可能範囲は付属装置のページをご参照ください。
レーザー光源td> ・ホワイトライトレーザー(WLL):
  470-670 nm内で任意の励起波長を選択可能
・Arレーザー:
  458 nm, 476 nm, 488 nm, 496 nm, 514 nm
・405 nm ダイオードレーザー
・592 nm STED消光用レーザー
検出器 ・spectral detector
・HyD 3台 & PMT検出器2台
   ⇒計5チャンネルでの蛍光データー取得が可能
・可視像用 PMT検出器
スキャナー ・FOVスキャナー: 広視野、高解像度
・タンデムスキャナー: FOVスキャナーとレゾナントスキャナーの組み合わせによる高速スキャンが可能 (12000 Hz)
ステージ ・XY電動
・ガルボフローモード(スーパーZガルバノステージを用いた高速スタッキング)
ソフトウェアアプリケーション ・3D 画像の取得
・タイムラプス: 4D撮影が可能。AFC (Adaptive Focus Control) 機能有り
・FRAP
・FRET
分解能 ・共焦点: 200 nm
・HyVolution: 140 nm
・STED (Gated STED): 50 nm程度


  タンデムスキャナーとHyDの併用により、低いレーザーパワーで、細胞ダメージの少ない、高速のコンフォーカルイメージングが可能です。また、ホワイトライトレーザーを使用したスペクトラルフリーなイメージングにより、観察に最適な条件を設定できます。
 高分解能・高速性能が要求される試料等、撮影難易度が非常に高い試料も観察することが可能です。

【参考メーカーHP】
共焦点レーザースキャン顕微鏡 TCS SP8
http://www.leica-microsystems.com/jp/製品紹介/共焦点顕微鏡/details/product/leica-tcs-sp8/
超解像顕微鏡 STED
http://www.leica-microsystems.com/products/confocal-microscopes/details/product/leica-tcs-sp8-sted-one/
(注:当センターの装置では、STED観察はxyの2Dとなります。)

ご利用方法

●高頻度利用分野(4回/月以上)

事前に操作説明会を受講し、操作方法をご習得いただきます。その後は、説明会参加者を中心に各研究分野独自で装置をご利用ください。

※操作説明会受講者は、教職員(学術研究員等を含む)に限らせていただきます。

利用手続き、ご予約方法、使用上の注意点等に関しては、説明会の際に担当職員より説明いたします。毎年度、初回ご予約前に、利用登録書・同意書(様式:PDFXLSX)』をご提出ください。
また、毎回の利用終了後に、『中央分析センター部局管理装置利用申込書(様式:PDFDOC)』をご提出ください。

 

●低頻度利用分野
  装置ご利用の際に担当職員が立ち会います。

毎年度、初回ご利用前に、 利用登録書・同意書(様式:PDFXLSX)』をご提出ください。
また、毎回の利用終了後に、『中央分析センター部局管理装置利用申込書(様式:PDFDOC)』をご提出ください。
初回ご利用時に、利用手続き、ご予約方法、使用上の注意点等について担当職員より説明いたします。まずは、お問い合わせください。

装置利用料

1,500円/時間
測定以外に解析等で使用する場合においても装置の占有期間中は利用しているものとします。
装置の修理等が発生した場合、料金が改定されることがあります。

サンプル調製法

STED観察をご希望の場合、事前にサンプル調整ガイドを送付いたします。メールにてお問い合わせください。

観察容器について

スライドガラス、35mmディッシュ、プレート、チャンバー等の容器で観察可能です。必ずガラスボトムの容器をご準備ください。

装置利用時の消耗品について

油浸オイル、レンズ洗浄用のエタノール・レンズペーパー・綿棒、キムワイプ、キムタオル、キッチンタオルは、顕微鏡室に常備しております。その他の消耗品(スライドガラス、カバーガラス、ガラスボトムディッシュ等)はセンターでは用意しておりませんので、各自ご準備ください。