ホーム >> Latheta LCT-100

実験動物用X線CT装置

メーカー: アロカ株式会社 (現 日立アロカメディカル株式会社)
形式など: Latheta LCT-100
設置場所: 実験動物測定室(貝塚圃場 農学部実験動物室内)
所管分野: 食糧化学分野(山田耕路 教授)

特色など:
 非侵襲的に実験動物(ラット・マウス)生体の断層画像を撮影する。白色脂肪組織重量ならびに骨密度の計測が可能である。解剖を伴わないため、同一個体を経時的に観察することができる。摘出骨の骨密度測定にも対応。

参考URL:
 http://www.hitachi-aloka.co.jp/products/data/animal-001-LCT-100

装置利用規程:

1. 装置のご利用は、あらかじめ利用登録書・同意書をご提出いただいた方に限ります。実験動物の飼育については別に貝塚動物飼育室の使用許可が必要です。飼育室の管理分野へお問い合わせ下さい。

2. 装置をご利用になる方が農学部における放射性同位元素等取扱者登録をされた上で、ご利用日の1週間前までにX線実験計画書をご提出下さい。
※放射性同位元素等取扱者登録が無い場合も装置のご利用は可能ですが、担当職員の立ち会い、ならびに動物実験申請書の実験実施者への追加が必要となりますのであらかじめご相談下さいますようお願いいたします。また、動物実験計画書にはX線CT実施の記載が必要ですのでご留意願います。

3. ご利用の予約は原則先着順です。装置予約システムで装置の利用状況の確認と予約を行って下さい。

4. 装置の測定対象は、麻酔した実験用小動物(マウス・ラット)並びに摘出骨です。
その他材料等の測定については形状や汚染の問題があるのでご相談下さい。

5. 動物飼育室外からの動物のお持ち込みは感染リスク回避のため堅くお断りいたします。

6. 使用毎のキャリブレーションは担当職員が行います。

7. 測定終了後はホルダーを70%エタノールで消毒し、ファントムに付け替えて下さい。

8. ご利用終了後は使用簿を記入し、担当職員にご提出下さい。

9. 使用料は 1,500円/日 です。
※ X線実験計画書をご提出いただけなかった場合 1,500円/時間 を加えます。
※ 解析ご依頼の場合は別途 1,000円/データ を加えます。

10. データファイルは研究分野ごとの所定のフォルダ内に保管し、バックアップは各自で行って下さい。USBメモリを使用される場合は必ず直前にウイルスチェックを行ったものをご使用下さい。