競争的外部研究資金

 

2019年度

「挑戦的研究(萌芽)」

小型野生ネコの保全を目的とする非侵襲的なドナー細胞の採取とクローン胚作製への応用,宗(代表)1900千円

 

2014年度

「基盤研究(B)

ウシ子宮内膜スフェロイドを用いた胚性分泌因子の解明,山内(代表).

 

2013年度

「挑戦的萌芽研究」

 着床過程におけるIhhの制御機構と機能の解明:子宮内膜スフェロイドを用いた解析, 山内(代表), 1500千円.

 

「九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P&P) 

 W:研究資金緊急サポート」 卵巣・子宮で発生する分子振動リズムの生理的役割の解明,

 服部(代表), 550千円.

 

「研究寄付金」

蔵本ウィメンズクリニック, 山内, 740千円

 

2012年度

「基盤研究(B)」

ウシ子宮内膜細胞におけるサーカデイアン振動の発生解析と機能解明, 服部(代表),

山内(分担),宗(分担).

 

「挑戦的萌芽研究」

 ニワトリ生殖系列幹細胞で発現する遺伝子のエピジェネティック解析,服部(代表).

 

「新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業」(農林水産省),

代謝機能・生体防御機能の強化による高品質牛胚の作出技術の開発と普及,

服部(代表),山内(分担),宗(分担).

 

科学研究費「基盤研究C

研究課題:RNA干渉による着床期特異的遺伝子の機能解析

研究代表:山内

研究期間:20092011

 

科学研究費「基盤研究B

研究課題:ウシ子宮内膜細胞におけるサーカデイアン振動の発生解析と機能解明

研究代表:服部

研究期間:20102012

発情や黄体・妊娠による子宮環境の時空間的変化を子宮固有の時計機構から明らかにするために,ウシ子宮内膜の上皮細胞と間質細胞を分離して培養できるというアドバンテージを生かして解析する.その戦略は,時計機構の入力系評価システムの構築ペースメーカー振動に影響する入力系因子の評価,ペースメーカー振動に連動する出力系遺伝子群の評価などを通して,ステロイドホルモンの標的が異なる上皮細胞と間質細胞におけるサーカデイアン振動の発生解析と機能解明を行う.

 

受託研究

委託者名:農林水産技術会議事務局

研究題目:代謝機能・生体防御機能の強化による高品質牛胚の作出技術の開発と普及

研究代表:服部(福岡県農業総合試験場と筑後川流域農業共済組合との共同研究)

研究期間:20102012

牛胚においてP糖タンパク質をコードするMDR1遺伝子の過剰発現操作を行い,代謝機能・生体防御機能を強化した高品質の胚を作出して受胎率を向上させることにより酪農現場での胚移植技術の普及に貢献する.