LRPロゴ
トップページ
研究
教育
活動
学術出版物
研究室メンバー
研究室トップページ
 
研 究            
家畜の卵子成熟・受精・初期発生から着床・胎盤形成に至るまでの家畜繁殖生理学について研究を行ってきた。家畜卵子の研究では、その生理的特性を分子生物的・生化学的に明らかにし、動物発生工学の基本技術である卵子および受精胚の培養系の確立・改善に応用した。また、生体内での複雑な生殖生理現象を解明するため、組織工学的手法を用いて子宮内膜細胞あるいは胎盤由来細胞を三次元的に構築し、生体外での機能解析モデルの開発に取り組んでいる。

これまでの主たる研究テーマ
● 体外培養系におけるブタ卵胞内卵子の成熟に関する研究学位(東北大学)
● ブタ卵子の卵核胞崩壊に対する培地の浸透圧およびホルモンの影響
● ブタ卵子の雄性前核形成およびその後の発生能に対する卵丘細胞の影響
● ウシ子宮内膜細胞のスフェロイド構築方法の検討及びその特性
● ウシ胎盤由来間葉系細胞の分離と特性

専門分野のキーワード
卵成熟、卵丘細胞、ヒストンH1キナーゼ、MAPキナーゼ、グルタチオン、体外受精、スフェロイド、三次元培養、子宮内膜、胎盤、細胞培養、幹細胞、細胞外マトリックス、インテグリン、着床