共同研究

Collaborative Project

福岡県:有明海でのタイラギ貝異常斃死機構の解明

 タイラギは大型の二枚貝であり、かつては日本各地に生息し、一般家庭の食卓にも並んでいました。タイラギの貝柱は旨味が濃く、ホタテガイよりも美味であると評する人も多くいました。しかしながら、生息環境の変化などにより各地で生息数が激減し、現在では有明海と瀬戸内海が主な生息域となっています。

 現在、福岡県ではタイラギの生息数を回復させるために生態調査や養殖方法の確立など、様々な取り組みを行っていますが、タイラギは海洋環境中で突如異常斃死することがあり、その原因解明と異常斃死を防ぐ方法の開発が急務となっています。

 そのため、本研究室では福岡県水産海洋技術センター (有明海研究所) との共同研究により、生態学的研究に加え、トランスクリプトミクスやゲノミクスを駆使し、有明海で頻発しているタイラギ貝の異常斃死の原因を解明するべく研究しています。