本文へスキップ

九州大学 植物病理学研究室
Laboratory of Plant Pathology

研究内容ABOUT US

植物病理学とは

植物の病気の多くは微生物が原因です。病原に感受性のある植物が病原に出会い、かつ環境条件が整った場合に病気が発生します。当研究室では、植物や農作物の病気の発生生態、および植物病原体の特性や機能について微生物学、生理・生化学、分子生物学、分子遺伝学、生態学など広範囲な視点と技術を用いて解明し、環境保全に基づく生態系調和型防除法の開発に資する基礎的および応用的研究を進めています。


研究内容の一例

  • 植物病原性細菌における多様性解析
重要植物病原細菌について国内外より多数の菌株を収集し、遺伝的多様性の解析を行い、種内変異の存在、およびそれらの遺伝的類縁関係について詳細に検討し、それらの地理的分布と系統分解について分子生態学的に解明を行っています。また、それらの特異的診断・検出法の確立を目的として、免疫学的および分子生物学的の開発を行い、関連病害の防除法の開発を行っています。

  • イネ白葉枯病の抵抗性遺伝子に関する研究
 葉縁部が黄白化して枯死するイネ白葉枯病はイネの重要病害の一つであり、Xanthomonas oryzae pv. oryzae
(Xoo) によって引き起こされます。本病害の防除は、有望な薬剤が少ないため抵抗性品種の導入が最も効果的です。本研究では、イネとXooとの間で生じる抵抗性発現機構の解明を目的としています。


左) Xanthomonas oryzae pv. oryzae の集落
右) 白葉枯病発病圃場(中心が罹病イネ、両端は抵抗性品種)

  • 難防除病害の生物的防除の開発
現在、最も多用されている防除法は化学農薬を使用する化学的防除法です。しかしながら、化学農薬の連用により薬剤耐性菌の出現など様々な問題が生じています。そのため、環境保全に基づく新たな防除法として生物的防除が台頭しています。生物的防除とは自然界に存在する微生物の拮抗作用を利用し病原微生物の活性を抑え、病害の発生を抑える方法です。当研究室では、有用細菌の探索を目的に、植物の葉面や体内など様々な環境に生息する細菌の性状を解析しています。


左)ジャガイモ軟腐抑制能試験        
右)イネ幼苗腐敗症抑制能試験

バナースペース