核磁気共鳴装置 JNM-ECS400

概要

メーカー日本電子
設置場所ウエスト5号館115室
担当者鹿児嶋

特色

溶液専用の核磁気共鳴分析装置。高い安定度を保つようデジタル化された回路により構成された分光計と、高感度オートチューンプローブにより、多彩なNMRスペクトルが得られます。1H, 13Cの1次元測定、2次元測定が可能です。

主な仕様

磁場強度9.39T(共鳴周波数400MHz:1H)
操作システムDelta V4.3.6
プローブ5mm
観測核1H, 13C

ご利用方法・注意事項

自主測定(装置をご利用の場合)

利用料金

1,300円/時間

自主測定のご利用方法

  1. 当センター指定の利用説明会を受講された方に限り、自主測定をご利用いただけます。説明会は基本的には年2回(4・10月頃)の開催です。その他の時期に受講を希望される場合はご相談ください。
  2. あらかじめ「機器・実験室利用申込書」をご提出ください。
  3. 初回ご利用時は、機器担当者の立ち会いが必須となります。まずは日程調整のため、以下の 1 ~ 4 についてご連絡ください(連絡先:kago*grt.kyushu-u.ac.jp(*は@に修正してください))。
    1. 測定者の所属・氏名・内線番号
    2. 希望日時(複数お願いします)
    3. 測定方法(初回立会い時のサンプルは1本でお願いいたします)
    4. 支払い経費およびプロジェクトコード(立会い測定当日でも構いません)
  4. 2回目以降は、機器予約システムで予約状況を確認の上、ご予約ください(先着順)。
  5. 調製済みのサンプルをご持参ください。測定に際しては、各研究室の教員の責任のもとにご利用ください。
  6. NMR室は常時施錠されています。ご使用の都度技術室で鍵を受け取り、ご使用後は施錠して、速やかにご返却ください。
  7. 測定データの取り出しは、当センターが貸し出す専用USBメモリ(セキュリティ機能付き)でのみ可能です。鍵の貸し出し時に一緒にお渡しします。