顕微蛍光セルマニピュレーター IX73-NK2-vario

概要

メーカーオリンパス・エッペンドルフ
アステック
設置場所ウエスト5号館307-b室
担当者奥川

特色

蛍光顕微鏡を使用した細胞分取やインジェクション等のマイクロマニピュレーションが行えます。
クリーンベンチ内に設置されており、コンタミネーションのリスクを抑えたクリーンな環境下での操作が可能です。

主な仕様

倒立型蛍光顕微鏡オリンパス 倒立型リサーチ顕微鏡 IX73
明視野/微分干渉観察/蛍光観察(DAPI、FITC、TRITC)
対物レンズ 4X 10X 40X 100X
※ 詳細はこちら
電動マイクロマニピュレーターエッペンドルフ トランスファーマンNK2
操作が簡便な電動式で3箇所のポジションを登録可能
手動マイクロインジェクターエッペンドルフ セルトラムvario
正確な圧力伝達が可能な油圧式
クリーンベンチアステック インテバイオステーションAIM-160
※付属装置の使用により、温度制御下での観察が可能です。制御可能範囲は付属装置のページをご参照ください。

ご利用方法・注意事項

自主測定(装置をご利用の場合)

ご利用方法

はじめに、機器の利用登録をお願いいたします。詳細は、こちらをご確認ください。
↓
利用の際は、操作講習会の受講が必須となります。講習会の日時・詳細について、事前に装置担当者まで連絡をお願いいたします。なお、以下の点をお知らせ頂きますとスムーズなご案内が可能です。
  • 利用する装置について(顕微鏡のみ使用、マニピュレーターを使用、等)
  • 操作について(観察のみ、ピックアップ、インジェクション、等)
  • 講習会へのサンプル持込の有無
    • サンプルを持ち込まれる場合は、装置利用料がかかります。また、各実験内容に応じた消耗品のご準備が必要です。
    • サンプル持込無の場合、装置利用料はかかりません。
  • 講習会希望日時(第3希望まで)
    • 講習会の後、そのまま継続して装置を利用される場合はお知らせください。
↓
操作講習会受講後は、ご自身で予約を取り、装置をご利用ください。

装置利用料

200円/時間
職員立会による利用の際は、技術補助料がかかります(3,900円/時間)

装置利用時の消耗品について

油浸オイル、レンズ洗浄液・レンズクリーニングペーパー、消毒用エタノール、キムワイプ、キムタオルは、顕微鏡室に常備しております。観察容器やマイクロキャピラリー、試薬等は、各実験内容に応じて必要なものをご準備ください。

・観察容器:
ディッシュ・チャンバー・プレート等の場合は、ガラスボトムの容器が必要です(微分干渉(DIC)観察のため)。センターの消耗品【1wellガラスボトムチャンバー】を使用希望の際は事前にお知らせください(880円/個)
・マイクロキャピラリー:
外径1.0~1.1 mmのものが取り付け可能です。センターで購入し、1本単位でご使用可能なものがあります(2,900円/本)。詳細はお問合せ下さい。

観察前サンプルの一時保管について

実験室内に顕微鏡試料保管用インキュベーター類を備えています。支援センターの顕微鏡を利用される際は無料でお使いいただけます。利用前に簡単な説明をしておりますので、ご利用の際は装置担当までお尋ねください。
CO2インキュベーター(ワケンビーテック、WB-203M温度 15-45℃
CO2濃度 0-20%
インキュベーター(三菱電機エンジニアリング、SLC-25A温度 3-65℃