農林水産物の輸出促進研究開発プラットフォーム@九州・沖縄

第3回農林水産物の輸出促進研究会@福岡(9/30)開催報告

2016/10/03

沖縄、九州各地域をはじめ、東京、中部地方から40名を越える方にご参加頂き本質的な議論を行うことができました。今回のテーマは、「農林水産物の輸出促進に向けた課題提起及び課題解決プロジェクトのテーマ提案」ということで、生産段階から輸送、販売・消費まで一連のプロセスにおける課題提起とその解決策を提案させて頂きました。輸出促進の肝は「生産段階の仕組みをしっかり構築すること」ということ改めて実感させられました。

次回の研究会は年明け1月を予定しています。参加者との対話の時間がとれるよう企画を工夫します。

TOPへ