海藻成分フコイダンの生体調節機能に関する研究

宮﨑義之1,山田耕路2
(1NPO フコイダン研究所,2九大院農院・食糧化学)

フコイダンは、モズクやメカブ(ワカメ)、コンブなどの褐藻類に含まれる細胞間粘質多糖(ヌメリ成分)であり、フコースを主成分とする高分子多糖類として1913年に学術的に分類されました。その後の解析から、フコースの他に、ガラクトースや微量のマンノース、キシロース、グルコースなどの数種の中性糖およびウロン酸(主にグルクロン酸)などから構成され、それら糖の組成や化学的な構造は海藻の種類によって異なることが示されています。分子量は、数万から百万を超えるものまで様々で、分子内に色素などを多く含んでいます。

これまでに、様々な種類の海藻から抽出されたフコイダンから、抗がん作用や血中コレステロールを改善させる作用、抗ウイルス作用および抗アレルギー作用などの働きが発見されています。

抗がん作用については、モズク由来フコイダンを添加して培養したがん細胞株で細胞死(アポトーシス)がみられたことから、直接的ながん細胞の殺傷(アポトーシス誘導作用)がフコイダンの作用のひとつとして考えられます。また、腫瘍部分における血管新生を抑制して、間接的に腫瘍の増殖を抑える効果を発揮することが報告されています。しかし、これらの知見は、培養実験やフコイダンを静脈投与する試験などから得られた結果であり、一般的に消化・吸収されにくい食物繊維であるフコイダンを口から摂取した場合でも、体内の腫瘍に届いて効果を発揮できるかどうかは、明らかになっていません。

一方、マウスを使用した、がんを抑制する効果についての試験の結果などから、免疫に関連する細胞を活性化させるなど、フコイダンの摂取によって腫瘍に対する免疫力が向上する効果が発見されています。

フコイダンのもつ免疫力を高める機能は、フコイダンを口から摂取してアレルギーに対する作用を検討するための試験においても示唆されています。それらの場合、フコイダンは消化管内の免疫に関連するパイエル板と呼ばれる部分に取り込まれ、体内の異物を発見して攻撃する細胞を活性化することで、腫瘍に対する免疫力を向上させるとされています。ただし、そのような腸内における免疫の活性化をきっかけに、腸の外の腫瘍に対する免疫反応や、アレルギー反応の緩和に至る詳しいメカニズムの解明には至っていません。フコイダンが生理機能を発揮するためには、硫酸基の存在が不可欠とされていますが、フコイダンのどの部分が体内のどのような細胞に対して作用しているか、また、それらの相互作用から細胞内でどのような情報の伝達が行われているのか等の詳細は不明であり、分子・細胞レベルでの更なる解析が必要と思われます。また、最近、ある種の乳酸菌とフコイダンを組み合わせて摂取することでアレルギーの抑制に相乗的な効果を発揮するとの報告があり、食品に関連する生理活性成分の組み合わせ効果についても興味が持たれます。

キーワード

  • ウロン酸(グルクロン酸) 単糖のグルコースが一部変化した糖。体内の毒物の排出に関連しています。
  • フコース・ガラクトース・マンノース・キシロース・グルコース いずれも糖の一種。人間の必須栄養書であり、様々な生体調節機能を持つ。
  • 硫酸基 硫酸基とは硫酸の化学構造を持ち糖に結合する成分で、ヌメリ成分を作りだす性質があります。
Copyright c 2016 Bioactive Polysaccharide Analysis,Kyushu Univ. All Rights Reserved.