遺伝子制御学分野

  遺伝子制御学分野では、分子生物学や細胞生物学の手法によってデータを収集し解析する実験生物学的方法論と、コンピュータを用いた計算機科学的、いわゆる、バイオインフォマティクスによる方法論を有機的に統合して、生命現象解明を目指している。
  微生物などに見られる普遍的な現象から高等脊椎動物の高次細胞機能までの広範囲の生物現象を研究対象とし、特に、ゲノムプロジェクトによって得られた成果を利用したトランスクリプトームやプロテオームなどの手法を用い、生命現象における遺伝子発現制御機構の解明などを主な目的として研究を行っている。


お知らせ
学生の所属名について

当研究室には、農学部3年生から大学院生(修士課程・博士課程)の学生が所属しています。

学部生農学部応用生物科学コース
応用生命化学分野  遺伝子制御学研究室
修士課程生物資源環境科学府生命機能科学専攻
生物資源分子化学コース  遺伝子制御学分野
博士課程生物資源環境科学府生物産業創成専攻
システムデザインコース  遺伝子制御学分野
修士・博士課程
5年一貫
システム生命科学府  システム生命科学専攻
生命情報科学講座  生命情報解析学分野

お問い合わせ先

〒812-8581 福岡市東区箱崎6-10-1  農学部6号館  3階
九州大学大学院  農学研究院  生命機能科学部門
生物機能分子化学講座  遺伝子制御学分野
TEL(FAX):092-642-3043

アクセス

箱崎キャンパスマップはこちらへ