農林水産物の輸出促進研究開発プラットフォーム@九州・沖縄

【7月20日開催しました】きゅうおきキャラバンシリーズ2 農林水産物流通における脱プラスチック研究会in沖縄 第1回「脱プラスチックの現状を知る」

2022/07/11

【講演テーマ】「生分解性プラスチックは脱プラの救世主?!」

  発泡スチロールの梱包材やペットボトルの容器など、プラスチックは私たちの日常生活のあらゆる場所で利用されています。一方、不適切に処分されたプラスチックは海へ流れ出て、海洋汚染の要因となり、海の生物にも悪影響を及ぼします。

 本プラットフォームでは、輸出や流通過程で大量に発生・利活用されるプラスチックごみの削減、新素材開発に向けて「農林水産物流通における脱プラスチック研究会in沖縄」を設立し、農産物流通における脱プラスチック目指します。

 今回は、農林水産物の流通における生分解性プラスチック利用の可能性について話題提供をいただきます。

第1回脱プラ研究会チラシ(1.21 MB)

〇開催日  2022年7月20日 水曜日

〇開催時間 15:00~16:30

      (Zoomによるオンライン配信)

      ※参加費無料

      ※事前申込が必要です

〇プラグラム

 【講  演】

  「生分解性プラスチックは脱プラの救世主?!」

   ワールド・リンク株式会社

   代表取締役 大山 尊司 氏

 【質疑応答】

 【今後の活動予定】

 

〔主催〕農林水産物の輸出促進研究開発プラットフォーム@九州・沖縄

〔共催〕琉球大学 研究推進機構

    公益財団法人 九州大学学術研究都市推進機構

  

〇お問い合わせ

農林水産物の輸出促進研究開発プラットフォーム@九州・沖縄 運営事務局

 公益財団法人九州大学学術研究都市推進機構(OPACK)

 担当 田代  電話  092-805-3677

        E-Mail info-qpf.2nd@agr.kyushu-u.ac.jp

〈申込方法〉

 ご参加の方は、以下のURLから申し込みいただけます。

 https://zoom.us/webinar/register/WN_QSSY3ZKuSeCf2oGb62b3UQ

TOPへ