九州大学大学院 農学研究院 昆虫学分野

english english

スタッフ

教授 広渡 俊哉

広渡 俊哉

チョウ目を対象とした分類学的研究、ならびに昆虫類とその生息環境との関わりについて研究を行っています。これまで小蛾類とよばれる小型のガ類の中で、幼虫が高等植物の葉に潜るもの、苔類や地衣類を食べるもの、枯れ葉やキノコを食べるもの、フクロウなど鳥類の巣から発生するもの、コナラ属の堅果(ドングリ)から発生するものなどを扱ってきました。これらのグループの種多様性を明らかにする(新種等を記載する)のが主なテーマですが、このような多様な食性がどのように進化したのかにも注目して研究を進めています。

研究業績

准教授 紙谷 聡志

紙谷 聡志

カメムシ目、とくに、ヨコバイ類の分類学的研究と、昆虫からみた種多様性と環境保全をテーマに研究を行っています。ヨコバイ類は、少なくとも約2万種が記載されており、カメムシ目のみならず昆虫の中でも著しく多様化した昆虫ですが、未だに多くの新種が発見されています。また、地球温暖化が昆虫類に与える影響の一つである分布範囲の変化について、コンピューターを使ったシミュレーションを行い、ミナミアオカメムシなどの重要な農業害虫の被害予測を行っています。

研究業績

助教 三田 敏治

三田 敏治

カマバチ科をはじめ、主に農生態系に関わる寄生性ハチ類の分類学的研究に取り組んでいます。水田の害虫であるイネウンカ類はたいへん長距離を移動することが知られていますが、時には捕食寄生者を背負ったまま移動してしまいます。その性質を利用して、寄主によって運ばれる天敵の種や遺伝的多様性からイネウンカ類のより詳しい移動性経路がわからないか調べています。また,近年被害地域が広がっているミナミアオカメムシの卵寄生蜂についても調べています。寄生性ハチ類は小さいながらもユニークな姿をしているものが多く、そのくらしも不思議に満ちています。

研究業績

助教 屋宜 禎央

屋宜 禎央

モグリチビガ科などの、幼虫が葉に潜って生活する潜葉性小蛾類の分類学的研究を行なっています。昆虫類の中で、潜葉性という生態は、チョウ目において特に多様で、様々な植物に多様な形状の潜孔を残しています。その中には、葉身のみならず、主脈や葉柄に潜るものや虫こぶを形成するものなども複数回独立して出現しています。そこで、DNA情報などをもとに、このような多岐にわたる潜葉習性がどのように派生し、どのような要因によって生じたのかについても関心を持って研究を行なっています。

研究業績

技術専門職員

  • 山口 大輔

研究員

  • 大原 直通  (テクニカルスタッフ)      ヒメヨコバイの分類
  • 高橋 直樹  (総合研究博物館・専門研究員)  チビジョウカイの分類
  • 河野 太祐  (総合研究博物館・協力研究員)  ナガコバチ科の分類
  • 柿添 翔太郎 (テクニカルスタッフ)  マグソコガネ亜科の系統進化と種多様性の解明
  • 吉松 晶子 (学術共同研究者)  日本産Batracomorphus(アオズキンヨコバイ属)の形態的特徴と分子系統解析に基づく分類学的再検討

学生

D3

  • 劉 沺沺  ハネカクシ科の分類

D2

  • Khine Mon Mon            キバガ科の分類
  • 辻 尚道(学振DC)    クチカクシゾウムシ族の分類
  • 奥 尉平(学振DC)    ヒゲナガキバガ科の分類
  • Rosfiansyah       メイガ科の分類

D1

  • 久末 遊         カブトバチ亜科の多様性
  • 井上 翔太        アリヅカムシの多様性
  • 今田 舜介(学振DC)  ヒゲナガゾウムシ科の分類
  • Kim Hyeong Kyu    スガ上科の分類
  • 相馬 純(学振DC)    グンバイムシ科の多様性

M2

  • 外村 俊輔        マルハキバガ科の分類

M1

  • 岡崎 諒一郎
  • 後藤 聖士郎
  • 牧野 迪彦
  • 辰巳 嘉人
  • 安川 怜志
  • 張 欣妤

4年

  • 小山 誠太朗
  • 野崎 翼

3年

Copyright (c) 2015 Entomological laboratory, Kyushu University, all rights reserved.
Since 05 Sep., 2015.

お問い合わせ