研究室紹介

「家畜生体機構学」とは?

 九州大学名誉教授 加藤嘉太郎博士の著書のひとつに家畜の外貌の解剖と生理を扱った「家畜生体機構」があります。本書は養賢堂版=畜産大系・全31編のうちの第2編ですが、 この本の「はじめのことば」において「生体機構」は編集者・鈴木章氏発案の表題で、解剖と生理を統括した名称として紹介されており (1958年12月)、これが「生体機構」という語の最初の出典と思われます。また、同じく加藤博士の著書である「家畜の解剖と生理」 (養賢堂)においても、「家畜生体機構」は解剖学と生理学を扱っているものの、両者のいずれでもないという意味を強調したものとして紹介されており、以後 「家畜生体機構学」という名称が広く用いられています。

 当家畜生体機構学分野では、現在以下のような研究をしています。

(1) 動物の味覚受容機構の解明
(2) 家畜・家禽の腺性下垂体に関する研究
(3)動物組織におけるコラーゲン線維網構築機構の解明

 詳細は、研究内容のページ
 

沿革(設置〜2017年)

) 初代及び第2代教授(大正10年〜昭和16年)期

 家畜生体機構学分野の前身は、九州帝国大学農学部の創設より2年後の大正10年(1921年)4月、農学科内に新設された畜産学講座である。同年9月、 東京帝国大学久保健磨助教授が講座担当の助教授として着任し、実質的な発足をした。久保助教授は大正11年(1922年)4月、初代教授に昇任し、同時に 盛岡高等農林学校丹下正治教授を助教授として迎えた。大正12年(1923年)5月、農学部に新たに畜産学第二講座が設立されたことに伴って、本講座は畜 産学第一講座と改称された。なお、丹下助教授は、昭和2年(1927年)5月、新設された畜産学第二講座(後の畜産学第一講座)の初代教授に就任すること になった。昭和15年(1940年)3月、久保教授は停年退官となり、同年10月、北京大学農学院教授として出向中であった佐々木清綱助教授が帰国し、本 講座の第2代教授に就任した。この半年間の教授空白期間に講座名の改称が行われ、第一、第二の呼称が逆転し、本講座は新たに畜産学第二講座と呼ばれるに至 り、これが平成12年(2000年)の大学院重点化に伴う改組まで60年間続くことになった。佐々木教授は、わずか8ヶ月後の昭和16年(1941年)6 月、東京帝国大学教授として転出した。

(2) 第3代及び第4代教授(昭和17年〜昭和44年)期

 佐々木教授の後任として宮崎高等農林学校橋本重郎教授が昭和17年 (1942年)5月、第3代教授に就任した。昭和21年(1946年)9月、橋本教授の下に東京帝国大学加藤嘉太郎助教授が助教授として着任した。昭和 22年(1947年)11月、橋本教授は、新設の東北大学農学部家畜繁殖学講座(畜産学第一講座)教授として転出した。なお、見上晋一岩手大学名誉教授は 橋本教授在任中の昭和22年に卒業している。橋本教授の後を受けて昭和23年(1948年)3月、加藤助教授が第4代教授に昇任した。加藤教授は、家畜解 剖学を専門とするので、家畜飼養学や品種学を講義内容とする助教授として昭和27年(1952年)4月、岡山大学農学部岡本正夫助教授を迎えた。加藤教授 は在任中、家畜下垂体の機能組織学に関する研究を精力的に行い、その門下から著名な家畜解剖学者を数多く輩出した。例えば、名誉教授になった主な門下生と して石橋武彦(京都大学)、松尾信一(信州大学)、苅田淳(神戸大学)、仙波輝彦(鹿児島大学)、兼松重任(岩手大学)、椎野昌隆(和歌山県立医科大 学)、高原薺(九州大学)、園田立信(宮崎大学)、岩元久雄(九州大学)の各氏が上げられる。また、家畜解剖学に関する著書も多数執筆し、中でも「家畜比 較解剖学図説」(養賢堂)は名著として殊に有名であり、畜産学のみならず獣医学教育用の教科書として今日でも広く利用され続けている。昭和44年 (1969年)3月、加藤教授は、停年退官した。

(3) 第5代〜第7代教授(昭和50年〜平成19年)期

 加藤教授の退官後、しばらく教授不在の時期が続いたが、昭和50年 (1975年)3月、岡本助教授が第5代教授に、同年7月、家畜生体機構学を専門とする高原齊助手が助教授に昇任した。岡本教授は、昭和55年(1980 年)3月に停年退官した後、近畿大学附属九州短期大学学長として私学教育にも貢献した。なお、尾野喜孝佐賀大学教授は昭和50年、田畑正志九州大学教授は 昭和54年に卒業している。昭和55年(1980年)8月、高原助教授が第6代教授に昇任した。当時、畜産学科内の教育内容の再編整備が行われ、昭和42 年(1967年)4月に設置された飼料学講座が、家畜飼養管理学の教育を担当することになったので、これ以降、本講座は家畜解剖学あるいは家畜生体機構学 に関する教育研究を専念することになった。これに伴い、家畜生体機構学を専門とする岩元久雄助手が昭和56年(1981年)6月、助教授に昇任した。高原 教授の在任期間中、同講座は骨格筋の組織化学的研究を精力的に行い、その研究業績が高く評価され、平成7年度概算要求項目で、施設整備費補助金が賦与され た。ここに共焦点レーザー顕微鏡を中心とする細胞内化学物質定性定量システムの導入が実現することになった。
 平成9年(1997年)3月、高原教授は停年退官した。同年4月、岩元助教授が第7代教授に昇任し、平成10年(1998年)1月、動物組織学を専門と する鹿児島大学田畑正志助手が助教授として着任した。また、平成12年(2000年)4月、九州大学の大学院重点化に伴う改組により、畜産学第二講座の名 称は、家畜生体機構学分野に改称された。岩元教授は、その在任期間中、食肉中のコラーゲン線維の構造的特性を形態学的に解明する研究を中心として数多くの 研究業績を残した。また同時に、当時としては最新鋭のアルゴンイオン-ガス-レーザー発振方式の共焦点レーザー走査顕微鏡を用いて培養骨格筋細胞のカルシ ウムイオン-イメージング解析研究が精力的に行われた。

(4) 第8代教授(平成19年〜現在)期

 平成19年(2007年)3月、岩元教授は定年退職し、同年4月、田畑助教授が第8代教 授に昇任した。平成22年(2010年)2月、家畜生体機構学を専門とする西村正太郎助教が准教授に昇任した。その後、田畑教授は、平成24年度文部科学 省若手人材育成費補助金及び九州大学テニュアトラック制教員支援事業を得た。そこで、田畑教授の主たる研究テーマである「家畜・家禽の味覚受容機構の解 明」を強力に推進する助教を採用するために、ネイチャー誌等を通して国際的にテニュアトラック助教の公募を行った。その結果、平成25年(2013年)2 月、安田女子大学川端二功助教がテニュアトラック助教として採用され、今日に至っている。一方、細胞内化学物質定性定量システムの経年劣化に伴い、機器更 新の概算要求を求めていたが、平成21年度(2009年度)補正予算により機器更新費が認められ、再び施設整備費補助金が賦与された。この補助金により導 入された主要機器として、共焦点レーザー走査顕微鏡、蛍光倒立顕微鏡、蛍光生物顕微鏡を含む光学顕微鏡システム、トランス・イルミネーター、リアルタイム 定量PCR、マイクロ吸光・蛍光光度計を含む分子細胞生物学用システム、顕微鏡用培養装置、超純水製造装置、クリーンベンチを含む組織細胞培養システム等 が上げられる。特に、固体(半導体)レーザー発振方式の共焦点レーザー走査顕微鏡は、動物組織細胞の生命現象をリアルタイム(時々刻々)に解析可能とする ばかりでなく、タイムラプス(長期経時)的にも解析可能とする最新鋭の顕微鏡であり、今後十数年は当研究室の組織細胞の構造研究における中心機器として活 躍することが期待される。さらに、平成24年度文部科学省若手人材育成費補助金の支援により、パッチクランプ用システムや生体(呼気)ガス解析用質量分析 システムを含む動物生理学的解析用研究機器の導入を図り、動物個体を含む組織細胞の機能研究も可能となった。これら数多くの研究機器は研究室教職員・学生 のみならず、農学研究院の研究者にも広く利用されている。また、平成21年度補正予算では、教育用施設整備費補助金も同時に賦与され、高性能の生物顕微鏡 及び実体顕微鏡を導入し、学生実習に用いられている。現在、学部教育については、動物組織学と脳解剖学を田畑教授が担当し、家畜生体機構学(家畜解剖学) を西村准教授が担当している。さらに、田畑教授は学外においては農林水産省獣医事審議会専門委員を務める傍ら、日本暖地畜産学会副会長等、学会活動にも取 り組んでいる。一方、学内においては学生支援センター企画運営委員会委員等の全学委員や、部門長等の部局内委員を務めている。また教育学部や理学部の学内 非常勤講師ばかりでなく鹿児島大学大学院や福岡教育大学の学外非常勤講師も兼担している。西村准教授は、川端助教とともに学生実験・実習を担当し、また、 研究室所属の学部学生及び大学院学生の実質的な研究指導を担当している。
[百周年事業 寄稿文より]


ホームに戻る