九州大学大学院 システム生物学 細胞制御工学研究室

細胞制御工学教室ホームページ

機能水・機能性食品・エネルギー寄附講座

連絡先

〒812-8581 福岡市東区箱崎6-10-1
 九州大学大学院 農学研究院 生命機能科学部門 機能水・機能性食品・エネルギー寄附講座
   准教授 富川武記 (TOMIKAWA, Takekii) E-mail:takeki★agr.kyushu-u.ac.jp
   助 教 原田 額郎 (HARADA, Gakuro) E-mail:gakuro★grt.kyushu-u.ac.jp
     ※メールアドレスの★を@に変更してください

 日本は超高齢化社会化を目前に控えそれに伴う医療、保障や介護等の問題に直面しています。アメリカなどではこの問題に対応する手段として相補・代替医療を取り入れた統合医療が導入され20年前から始まっていますが日本では代替医療に取り組む政府機関がなく、欧米に比し遅れています。機能水・機能性食品・エネルギー講座は水及び食品の研究を通じて生命現象の基盤を明らかにするとともに、水、食物を用いた酸化ストレス関連疾患の予防及び改善に役立つ臨床食品機能学の確立及び機能水・機能性食品を用いた統合医療、代替医療及び予防医療学研究の確立に貢献することを目的としています。この目的を実現するための教育・研究の拠点として、本講座は疾病予防・改善効果を期待できる機能水や機能性食品の探索、効能実証及び作用機序の解明を含む総合的研究を行っています。

 特に私たちは機能水について精力的に研究を行っています。機能水とは、通常の飲料水とは違い生体にとって有用な機能を持っている水を指し、当研究室ではこの不思議な水の科学的検証と証明を試みています。いくつか機能水をご紹介します。

超・亜臨界水

 超臨界水は高温と高圧条件下の水の事で、水なのに有機溶媒(アルコールやアセトン)と同じ性質になってしまい、有機溶媒にしか溶けないような物質がすべて溶けるようになります。またイオン積(水がH+とOH-に電離している量、10-14 mol/L)が通常の水より3ケタも多くなり、加水分解反応が混でるだけで起こるようになり、この水を応用した研究を試みています。

電解水

 家庭用にも市販されている水の電気分解によりできる水で陰極にアルカリ電解水、陽極に酸性電解水ができます。アルカリ電解水は胃腸改善効果、酸性電解水は除菌殺菌効果が証明されており、厚生労働省から認可を得ています。また、虫歯予防、美肌効果等が証明されています。当研究室ではこの水がさらに酸化ストレス関連疾病(ガン、糖尿病、動脈硬化症、アルツハイマー等)を予防、改善することを明らかにし、その機構と効果を解明するための研究を行っています。

溶存水素水

 電解水にも含まれる水素には最近生体酸化ストレス軽減効果を示すことが明らかとなっていますがその理由がわかっていません。例えば、水素を含んだ水を脂肪肝誘発マウスに食べさせると普通の水を飲ませたマウスと比較して明らかに脂肪肝の少ないマウスができます。私たちは水素が新たな生体ガスメディエーターとして機能する事を証明しようとしています。

天然還元水

 ある特殊な場所で採取される天然水に機能水様の効果を示す天然還元水が存在することを明らかになっています。そしてこの天然還元水が持つ効果について科学的エビデンスを持って研究に取り組んでいます。先に書いた水の超臨界状態を人工的に作り出すのは大変ですが、熱水噴出孔の下や地殻深部では簡単に条件がそろいます。そのためそのような環境下の水では通常考えられない化合物が溶け込み特殊な形状になると推測されます。私たちは天然還元水がこのような機序で作られているのではないかと考えその証明を試みています。

 また、この水研究から派生して金属ナノ粒子の生体に対する効果について研究を行っています。その一つが白金ナノ粒子の研究で、金属ナノ粒子の持つ新たな機能及び生体有効利用を目的として研究を行っています。金属ナノ粒子の一つである白金ナノ粒子は水素の分子結合を容易に解離し原子状様水素になることが知られています。私たちはこの原子状様水素が強力にガン細胞死を誘導することを明らかにしました。そのため現在ではこの水素と白金ナノ粒子を用いた新しいガン治療法の開発を試みています。
 当講座では機能性食品・機能水の既知、未知の優れた効果を細胞及び分子生物学的手法によって明らかにすることで機能性食品・機能水が広く普及し、たくさんの人たちが健康でいられるようになるため日々研究を行っています。


Topへ戻る...