研究内容

研究内容について

当分野(研究室)では,哺乳動物の生殖を制御する生体調節因子の発現と機能を解明し,新領域の開拓を目指して研究を展開しています。特に,妊娠の起点となる“着床”を制御するさまざまな子宮内膜因子を解析するとともに,三次元培養を応用した生体外着床モデルの構築に取り組んでいます。現在は受精卵移植によるウシの受胎率向上を目指して研究を行っていますが,ウシだけでなく,実験動物・野生動物やヒト不妊治療の研究も行っています。