1. 研究室のルール
  2. 学生募集
  3. 同窓会 (環会)
  4. 卒業生の進路

研究室のルール

Laboratory guidelines

現在、コロナウイルス (COVID-19) による感染症の影響でテレワークを推奨しています。

セミナーや教官とのディスカッションはオンラインで行っております。

基本的な生活ルール:Basic rules in lab life

コアタイム

  • コアタイムは 10:00 から 17:00 までです。登校後は学生室前の名札を黒にし、帰宅する際は名札を赤にしましょう。

スケジュール管理と連絡

  • 連絡は主に Slack またはメールで行います。
  • 遅刻および休む場合は必ず研究室に連絡しましょう。
  • 休みの連絡を受けた人は教員に連絡しましょう。
  • 出席状況は教員で把握し、無断欠席が続く場合は安否確認を兼ねて教員が連絡します。
大嶋 (Oshima) 092-802-4607 yoshima@agr.kyushu-u.ac.jp
島崎 (Shimasaki) 092-802-4606 simasaki@agr.kyushu-u.ac.jp
学生室 092-802-4608 Slack の #general

防犯

  • コアタイム後 (17:00 以降) や夜中、休日は名札が黒になっている人がいても、教室に誰もいない場合は必ず施錠しましょう。
  • お金やノートパソコン等は各自でしっかり管理しましょう (学生室内に鍵付きロッカーを設置しています)。
  • 防火扉前に荷物を置かないようにしましょう。

ゴミ捨て

  • ゴミはきちんと分別して捨てましょう。九州大学ではゴミは、生活系可燃ゴミ、実験系可燃ゴミ、不燃物 (アルミホイル、ガラス、陶磁器類)、ペットボトル、飲料缶、試薬瓶 (茶色)、発砲スチロール、再生紙、段ボール、電池、蛍光灯に分類して捨てます。

清掃

  • 毎週金曜の 10:00 に研究室メンバー全員で学生室と実験室の掃除 (掃除機かけ、ゴミ捨て、実験台・乾燥棚整理) をします。

その他

  • 研究上の事故等に関する保険 (大学生協の学生総合共済や学生教育研究災害傷害保険) に加入しましょう。
  • コアタイム中に研究と関係のない娯楽関係のネット閲覧は控えましょう。

研究のルール:Rules in lab research

実験ノート

  • 実験を行った際は、実験の成否に関わらず、必ず実験ノートに結果を残しましょう。
  • 月末には実験ノートを教員に提出し、進捗報告を行いましょう。
  • 実験データのバックアップ (自分のパソコンだけでなく外付けハードディスク等への保存) を行いましょう。

セミナー

  • 月曜日 (15:00-16:00) と木曜日 (15:00-16:30) に月間報告セミナーと論文紹介セミナーがあります。必ず出席しましょう。
  • セミナーで発表担当になった場合は、責任をもって発表を行いましょう。
  • 各セミナーでは必ず一回は質問しましょう (質問回数は成績に加味されます)。
  • 自主的な勉強会は大歓迎です。

卒業論文・修士論文・博士論文

  • 卒業論文および修士論文について、卒業年の夏休みまでに方法 (Materials and methods) を、冬休みまでに結果 (Results) を書き終えておきましょう。
  • 学部生は卒業論文 (日本語) を卒業論文発表会までに教員へ提出しましょう。
  • 修士課程の学生は修士論文を英語で書きましょう。
  • 博士課程では国際誌での筆頭著者 2 報を目標とします。

試薬管理

  • 試薬を適切に管理しましょう。九州大学では薬品管理支援システム IASO を使用して試薬の管理を行なっています (研究室に配属後、システムの使用方法を説明します)。

その他

Teaching Assistant (TA)

  • 研究室の維持管理のために、学生実験や講義の補助等を行ってもらった学生に対して、謝金を支払います。

行事運営

  • セミナーや歓迎会、レクリエーションの運営は修士課程一年生の学生が行います。

年間スケジュール

04月 オリエンテーション・新入生歓迎会
06月 ソフトボール大会
環会 (研究室同窓会、隔年)
08月 修士・博士中間発表会
大学院入試がんばってね会
大学院入試
夏休み (2 週間)
09月 研究室旅行
11月 ソフトボール大会
12月 卒業論文・修士論文の草案提出
大掃除
忘年会
冬休み (1 週間)
02月 修士論文発表会
卒業論文・修士論文提出
03月 卒業論文発表会
春休み (1 週間)