1. 研究室のルール
  2. 学生募集
  3. 同窓会 (環会)
  4. 卒業生の進路

水産生物環境学研究室

Marine Environmental Science

水産生物環境学研究室の取り組み

 水産生物環境学研究室は 1978 年に水産増殖環境学研究室として設立されてから現在まで「人類の活動によって破壊された水環境を修復する」ことを目的とし、水環境で発生する様々な環境問題に取り組んできました。

 現在は、分析化学や生化学、分子生物学、行動学などの幅広い実験手法を基盤とし、環境汚染物質 (化学物質、マイクロプラスチック) の水生生物への影響 (生体内での蓄積・代謝、行動、繁殖活動等への複合影響) とその対策、並びに、魚介類に大きな被害を与えている赤潮の発生機構解明やその被害軽減策の開発を二本の柱にした研究を行っています。

研究室の歴史

1978年 昭和53年04月 水産増殖環境学講座設立
1979年 昭和54年08月 小林邦男 助教授:教授に着任
1979年 昭和54年09月 今田信良 助手:水産増殖環境学講座へ配置転換
1980年 昭和55年03月 木村清朗 助手:助教授に着任
1985年 昭和60年04月 大嶋雄治:助手に着任
1988年 昭和63年10月 立原一憲:助手 (水産学第二講座) に着任
1989年 平成元年04月 伊藤美千代 文部事務官:水産増殖環境学講座へ配置転換
1991年 平成03年06月 小林邦男 教授:水産実験所長に着任
1992年 平成04年03月 小林邦男 教授:定年により退官
1992年 平成04年06月 木村清朗 助教授:教授に着任
1992年 平成04年12月 今田信良 助手:助教授に着任
1995年 平成07年03月 木村清朗 教授:定年により退官
1996年 平成08年04月 本城凡夫 農林技官:教授に着任
2000年 平成12年04月 伊藤美千代 文部事務官:生物機能科学事務部へ配置転換
2002年 平成14年03月 今田信良 助教授:定年により退官
2002年 平成14年04月 大嶋雄治 助手:助教授に着任
2003年 平成15年05月 島崎洋平:助手に着任
2008年 平成19年03月 本城凡夫 教授:定年により退官
2011年 平成23年03月 大嶋雄治 准教授:教授に着任
2014年 平成26年02月 島崎洋平 助教:准教授に着任
2018年 平成30年07月 研究室移転:箱崎キャンパスから伊都キャンパスへ