フコイダンとは海藻のヌメリ成分

子どもの頃、磯辺で遊んでいて、海藻に足をすべらせたことはないでしょうか?モズクやワカメ、昆布などの海藻類(褐藻類)は表面がぬるぬるとした成分で覆われています。この成分の中に多く含まれている硫酸化多糖類が「フコイダン」です。もう少し学術的にいえば、フコースとよばれる糖に硫酸基が結合し、数多く連結した物がフコイダンと総称されます。

基本骨格は次のようになります。

フコイダンの基本構造

フコイダンの構造は抽出する海藻の種類によって異なります。私たちが基礎研究の対象にしているのは、トンガ王国産のモズクから抽出したフコイダンです。なぜモズクなのかといえば、ワカメや昆布に比べ、約5~8倍のフコイダンが含まれているからです。

海のきれいなトンガで育ったモズクから有機酸でフコイダンを抽出し、脱塩します。その後、特殊な酵素で消化し、20~80万あった分子量を500以下へと低分子化します。

このページのTOPへ