研究室スタッフ

佐藤 宣子 教授

研究テーマは、山村の定住化や環境保全のための自伐型林業の役割、環境保全型林業の支援策などです。得意なのは、山道運転、インタビュー調査です。学生の皆さんといっしょにフィールド調査に行くのが好きです。災害が激化する中でどのような森林政策が求められているのか、目下の一番の関心事です。いっしょに研究しましょう!

研究者情報

藤原 敬大 准教授

熱帯林の持続可能な管理制度について研究しています。学生時代はインドネシアに留学し、インドネシア語を話すことができます。近年は留学生達と協働して、ベトナム、ミャンマー、ラオス、カンボジア、バングラデシュへも研究を展開させています。最近は「どのように『森林』が社会的に創り出されるのか」についても関心を持っています。「森林」は生態的な要因だけではなく社会経済・政治的な要因によっても創り出されています。そのため、各国の比較を通じて類似点や相違点を整理し、その要因を明らかにしたいと思っています。森林政策学研究室では十人十色の個性を持った人達が一緒に学び、自由に議論をしています。あなたがそのメンバーに加わる日を楽しみにしています。

研究者情報

鐵見 美紀 事務補佐

学生

学年名前
学振特別研究員(PD)加反 真帆
D3市野瀨 愛
D2宮野 岳明
D2Phyu Phyu Han(ミャンマー)
D2Win Min Paing(ミャンマー)
D1上野 竜大生
D1Akhmad Viko Zakhary Santosa(インドネシア)
M2Ou Nary(カンボジア)
M2岩野 純奈
M2エレーラ 瞭
M2中尾 佐織
M2船戸 祭
M1葉 沛芸(中国)
M1Chanthavichit Phouangvone(ラオス)
M1Dzihni Nadhifa(インドネシア)
M1Mariana Vergil Salgado(メキシコ)
M1片平 帆香
M1李 俊逸
B4藍葉 詠生
B4石崎 怜
B4中山 良哉