海洋資源化学研究室

博士号取得者

年 月 氏 名 博士論文題名 進 路
2019年3月 奴田原 枝利 ラビリンチュラ類のグリセロ脂質合成経路に関する研究 株式会社カネカ
2017年3月 深野 泰史 新規生理活性脂質の探索と機能解析に関する研究 田辺三菱製薬株式会社(社会人博士)
2015年3月 渡邉 昂 Studies on the Catabolic Pathway of Sterylglucoside and Its Physiological Significance in Cryptococcus neoformans and Saccharomyces cerevisiae 九州大学学術研究員
2015年3月 山口慶枝 新規抗癌剤スクリーニングシステムの開発およびヒト胎盤抽出物の癌細胞増殖抑制効果に関する研究 株式会社 日本生物製剤 (社会人博士)
2013年3月 小原淳一朗 Study on the Biosynthetic Mechanism of Fatty Acids and Sphingolipids in Thraustochytrids. 佐藤製薬株式会社
2012年3月 松田高宣 Study on the Biosynthetic Pathway of Polyunsaturated Fatty Acids in Unicellular Marine Eukaryotes Aiming for Industrial Applications.(海洋性真核微生物の高度不飽和脂肪酸生合成経路に関する研究) 株式会社 Biomaterial in Tokyo
2011年3月 松永尚之 ビブリオ属細菌の海産魚腸管における糖脂質受容体の同定と脂肪酸部位の機能に関する研究 株式会社 Biomaterial in Tokyo
小林 巧 Δ5デサチュラーゼを標的としたラビリンチュラ類の分子育種に関する研究 株式会社 日本生物製剤
安部英理子 Study on DHA-containing Phospholipids and Their Metabolism in a Marine Single Cell Eukaryote Schizochytrium sp. F26-b. 九州大学学術特定研究者、関西TLO、福島県立医科大学助教
2010年3月 澄田智美 Study on a glycosphingolipid-degrading bacterium Paenibacillus sp. TS12 and its novel glycosidases responsible for degrading glycosphingolipids.

理化学研究所研究員(横浜)、海洋研究開発機構

2009年3月 苣田慎一 Studies on a glycosphingolipid receptor GM4 for fish pathogens causing vibriosis and GM4-synthesizing enzymes. 水産総合研究センター 養殖研究所 研究員、基礎生物学研究所 研究員、杏林大学医学部助教
髙良武俊 汽水産二枚貝ヤマトシジミCorbicula japonicusの新規溶血タンパク質clamlysinに関する研究 沖縄県庁職員

石橋洋平

Studies on a novel glycosphingolipid-degrading enzyme EGALC and its related protein. 理化学研究所基礎科学特別研究員(脳科学研究センター)、九州大学助教

座間宏太

スフィンゴ糖脂質のコア構造を合成するゼブラフィッシュ糖転移酵素とその産物の生物機能に関する研究 北海道大学大学院先端生命科学研究院 次世代ポストゲノム研究センター研究員
2007年3月

林 康広 Studies on a novel cytosolic neutral glycosyceramidase uncovered with a sensitive assay using HPLC. 米国NIH ポスドク、帝京大学薬学部助教

2006年3月

 

XuXu Studies on structure, endoglycoceramidase-sensitivity and enzymatic remodeling of fatty acids of fucosylated glycosphingolipids. College of Life Science, Shenzhen University, China
2005年3月 清原正志 Study on structure, function, and application of a novel β1,3-xylanase from a marine bacterium. 京都大学大学院生命科学研究科ポスドク
問註所初美 Study on physiological functions and application of ceramidase. NEDO 研究員(九大)、九州大学学術研究員
吉村征浩 Functional analysis of neutral ceramidase and CERT during early development of zebrafish 日本学術振興会特別研究員 (九大)、岡山県立大学助教、神戸学院大学准教授

2004年3月

堀端康博 Molecular cloning and functional analysis of cnidarian endoglycoceramidase and its applications in glycotechnology and cytotechnology. 理化学研究所基礎科学特別研究員(脳科学研究センター)、獨協医科大学助教
2003年3月 坂口圭史 Study on structure and function of glycoshingolipid-specific glycohydrolase and glycosyltransferase. 北海道大学大学院理学研究科ポスドク、九州大学准教授
柴田敏行 Studies on physiological properties of phenolic compounds in brown algae. 佐賀大学ベンチャービジネスラボラトリー研究員、三重大学准教授
谷 元洋 Study on a neutral ceramidase involved in sphingolipid-mediated signaling. 日本学術振興会特別研究員(北海道大学)、九州大学准教授(理学研究院)
中川哲人 Remodeling and in vivo conversion of sphingolipids by two sphingolipid-degrading enzymes from aquatic bacteria. 日本学術振興会特別研究員(九州大学)、東北薬科大学助教
長山公紀 Antioxidative substances in brown algae and their antimicrobial activity. 熊本県水産研究センター
2002年3月 田中竜介 Lipid peroxide levels and accumulation of hydroxy lipids in live fish with oxidative stress. 水産大学校助手(食品化学)、宮崎大学教授
2001年3月 末吉紀行 Study on sphingomyelin-metabolizing enzymes from marine bacteria and their applications for shingolipid research. 香川大学助手、准教授(農学部)

光武 進

Sphingolipid engineering using a sphingolipid ceramide N-deacylase from an aquatic bacterium - Application for studies on ceramidase- 協和発酵東京研究所、北海道大学助手、特任准教授、佐賀大学准教授
2000年3月 喜多克洋 Study on the hydrolysis and condensation reactions catalysed by two lysosphingolipid-generating enzymes. 米国留学(CA, スクリプス研究所、NY, コーネル大学医学部)
小森宏信 Study on sphingolipid metabolism in vertebrates using microbial enzymes as specific probes. 三共
1999年3月 沖野 望 Purification, characterization and gene clononing of a novel ceramidase from Pseudomonas aeruginosa. 米国留学(NY, マウントサイナイ医科大学)、九州大学准教授