学会発表

2018年4月より「蛋白質化学工学分野」と「生物化学分野」が統合し、一つの研究室として新たに「生物化学分野」がスタートしました。
リンクで2017年度までのページを表示します。

活動している学会

日本分子生物学会・日本生化学会・日本遺伝学会・蛋白質科学会・日本農芸化学会・極限環境微生物学会・日本アーキア研究会 Archaea Gordon Conference・Extremophiles・Thermophiles・3R Symposium

学会発表

2020年度

  • 梶川涼夏、石野園子、山上 健、沼田倫征、石野良純 超好熱性アーキアThermococcus kodakarensisのSMCタンパク質の機能解析 第44回日本分子生物学会年会 2020.12.02-12. 04. オンライン
  • 宮元梨紅、石野園子、松見理恵、山上 健、沼田倫征、石野良純 超好熱性アーキアThermococcus kodakarensisはoriC依存のDNA複製能を有するか? 第44回日本分子生物学会年会 2020.12.02-12. 04. オンライン
  • 池西智憲、石野園子、山上 健、沼田倫征、石野良純 超好熱性アーキアThermococcus kodakarensisのDNAトポイソメラーゼVIの調製確立と性質解析 第44回日本分子生物学会年会 2020.12.02-12. 04. オンライン
  • 石野園子 アーキアにおける染色体構造維持の多様性 ワークショップ「核様体DNAの複製と品質維持の最前線研究」 第44回日本分子生物学会年会 2020.12.02-12. 04. オンライン
  • 沖 啓輔、真柳浩太、宮崎直幸、石野園子、山上 健、森川耿右、岩崎憲治、神田大輔、白井 剛、石野良純 Two conformations of DNA polymerase D-PCNA-DNA complex in a hyperthermophilic archaeon Thermococcus kodakarensis 2020年度日本フードファクター学会・日本農芸化学西日本支部会合同大会 2020.11.28–29. 宮崎大学/オンライン
  • 市川貴大、佐々木琢也、山上 健、沼田倫征、石野園子、石野良純 アーキアのミスマッチ修復酵素Endonuclease MSと酸化損傷修復酵素8-oxoguanine glycosylaseによるDNA修復機構の研究 極限環境生物学会2020年度(第21回)年会 2020.10.31-11. 01. オンライン
  • 原田明佳、永田麻梨子、沖 啓輔、松見理恵、金井 保、跡見晴幸、沼田倫征、石野園子、石野良純 超好熱性アーキアにおける損傷塩基修復経路に関する研究 極限環境生物学会2020年度(第21回)年会 2020.10.31-11. 01. オンライン

2019年度

  • 石野園子、松見理恵、John N. Reeve、石野良純 超好熱アーキアThermococcus kodakarensisoriCおよびorc1/cdc6欠失変異体の単離とその性質 ワークショップ「生物における非典型的DNA複製の共通性と多様性」 第42回日本分子生物学会年会 2019.12.3-6. 福岡国際会議場 福岡市
  • 山上 健、沖 啓輔、高島夏希、高藤三加、真柳浩太、石野園子、石野良純 Thermococcus kodakarensis由来ファミリー D DNAポリメラーゼの調製法の改良とその生化学的解析 第42回日本分子生物学会年会 2019.12.3-6. 福岡国際会議場 福岡市
  • 沖 啓輔、山上 健、永田麻梨子、真柳浩太、沼田倫征、石野園子、石野良純 PolD上での相互作用因子スウィッチングによるアーキア特有のレプリソーム機能変換機構の提唱 第42回日本分子生物学会年会 2019.12.3-6. 福岡国際会議場 福岡市
  • 鈴木匠爾、黒沢則夫、山上 健、沼田倫征、石野園子、石野良純 好熱性アーキアにおけるDNA修復に働く新規ヘリカーゼ様タンパク質の機能解析 第42回日本分子生物学会年会 2019.12.3-6. 福岡国際会議場 福岡市
  • 瀬戸口勇登、山上 健、沖 啓輔、沼田倫征、石野園子、石野良純 クレンアーキオタにおいてレプリソームを構成する未知タンパク質の探索 第42回日本分子生物学会年会 2019.12.3-6. 福岡国際会議場 福岡市
  • 峯 渉、山上 健、沼田倫征、石野園子、石野良純 損傷塩基特異的Endonuclease MSによる二本鎖切断末端の可能な構造変換機構 第42回日本分子生物学会年会 2019.12.3-6. 福岡国際会議場 福岡市
  • 市川貴大、佐々木琢也、山上 健、沼田倫征、石野園子、石野良純 アーキアのミスマッチ修復酵素Endonuclease MSとの相互作用因子として見出され た8-Oxoguanine glycosylaseの機能解析 第42回日本分子生物学会年会 2019.12.3-6. 福岡国際会議場 福岡市
  • 田中志門、石野園子、沼田倫征、山上 健、石野良純 超好熱性アーキア由来ファミリー B3 DNAポリメラーゼの性質比較 第42回日本分子生物学会年会 2019.12.3-6. 福岡国際会議場 福岡市
  • 吉田直人、沖 啓輔、松見理恵、石野園子、沼田倫征、山上 健、石野良純 超好熱性アーキアMethanopyrus kandleri由来ファミリー D DNAポリメラーゼの生化学的解析 第42回日本分子生物学会年会 2019.12.3-6. 福岡国際会議場 福岡市
  • 原田明佳、永田麻梨子、沖啓輔、松見理恵、金井保、跡見晴幸、沼田倫征、石野園子、石野良純 アーキアの損傷塩基修復経路の生化学的、遺伝学的研究 第42回日本分子生物学会年会 2019.12.3-6. 福岡国際会議場 福岡市
  • 原田明佳、永田麻梨子、沖 啓輔、松見理恵、金井 保、跡見晴幸、沼田倫征、石野園子、石野良純 Thermococcus kodakarensisにおけるEndoV及びEndoQ依存的損傷塩基修復機構の再構成系構築と両酵素の遺伝子欠失株作製による細胞内機能解析 極限環境生物学会2019年度(第20回)年会 2019.11.16-17. 京都大学 船井哲郎記念講堂 京都市
  • 石野良純 CRISPRの30年史~奇妙な配列との遭遇からゲノム編集技術へ 特別講演会 2019年度日本農芸化学会西日本・中四国支部合同大会 2019.11. 8-9. 沖縄県青年会館 那覇市
  • 中島 崇、吉村昂大、冨高大暉、山田直隆、石野良純 担子菌酵母および植物由来フェニルアラニンアンモニアリアーゼの特異的阻害剤Z302を利用した生化学的解析と結晶構造解析 2019年度日本農芸化学会西日本・中四国支部合同大会 2019.11.8-9. 琉球大学 沖縄県西原町
  • 沖 啓輔、眞栁浩太、宮崎直幸、石野園子、山上 健、森川耿右、岩崎憲治、神田大輔、白井 剛、石野良純 超好熱性アーキアThermococcus kodakarensisのDNA複製酵素複合体の構造と機能の解析 2019年度日本農芸化学会西日本・中四国支部合同大会 2019.11.8-9. 琉球大学 沖縄県西原町
  • Tomoyuki Numata. Crystal structure of the type III CRISPR-Cas Cmr complex bound to a target analog. 15th International Congress on Thermophiles 2019.09.02-06, Fukuoka, Japan
  • Rie Matsumi, Yoshizumi Ishino, and John N. Reeve. The 49 type II toxin-antitoxin systems in Thermococcus kodakarensis. 15th International Congress on Thermophiles 2019.09.02-06, Fukuoka, Japan
  • Seiya Kouroki, Tetsuya Satoh, Michiyo Takaki, Keita Ogawa, Yorika Tanaka, Kazutoshi Matsumura, Susumu Iwase, Sonoko Ishino, and Yoshizumi Ishino. Examination of PCR conditions to remove stutter effect for reliable human identification technology. 15th International Congress on Thermophiles 2019.09.02-06, Fukuoka, Japan
  • Keisuke Oki, Mariko Nagata, Sonoko Ishino, Takeshi Yamagami, Tomoyui Numata, Kouta Mayanagi, and Yoshizumi Ishino. Interactions of helicase, DNA polymerase, and primase to form functional replisome in the hyperthermophilic archaeon, Thermococcus kodakarensis. 15th International Congress on Thermophiles 2019.09.02-06, Fukuoka, Japan
  • Wataru Mine, Hanae Kudo, Takeshi Yamagami, Tomoyuki Numata, Patrick Forterre, Mart Krupovic, Yoshizumi Ishino, and Sonoko Ishino. Study on diversity of mismatch repair system in archaea. 15th International Congress on Thermophiles 2019.09.02-06, Fukuoka, Japan
  • Meika Harada, Mariko Nagata, Keisuke Oki, Rie Matsumi, Tamotsu Kanai, Haruyuki Atomi, Tomoyuki Numata, Miyako Shiraishi, Sonoko Ishino, and Yoshizumi Ishino. Reconstitution of endonuclease Q-mediated and endonuclease V-mediated repair pathways for deaminated base repair in the hyperthermophilic archaeon, Thermococcus kodakarensis. 15th International Congress on Thermophiles 2019.09.02-06, Fukuoka, Japan
  • Takahiro Ichikawa, Enzo Petracco, Hanae Kudo, Takeshi Yamagami, Tomoyuki Numata, Yoshizumi Ishino, and Sonoko Ishino. The nucS homologs in the genomes of hyperthermophilic archaea encode active mismatch-specific endonuclease, EndoMS. 15th International Congress on Thermophiles 2019.09.02-06, Fukuoka, Japan
  • 石野園子 超好熱性アーキアに見出された新規DNA修復酵素 第56回化学関連支部合同九州大会2019.7.13. 北九州国際会議場 北九州市

2018年度

  • 石野良純 ミスマッチ塩基対特異的エンドヌクレアーゼによる新規DNA 修復機構 シンポジウム「微生物・代謝・生体触媒・遺伝子のユニークかつ重要な機能の解明と応用への展望」 農芸化学会2019年大会2019.3.24―27 東京農業大学 東京都世田谷区
  • 石野園子、真柳浩太、白井 剛、清成信一、今井奈美子、大山拓次、山上 健、石野良純 超好熱性アーキア由来クランプPCNA上で働くDNA複製タンパク質の生化学および構造の解析 日本農芸化学会2019年度大会 2019.03.24―27 東京農業大学 東京都世田谷区
  • Yoshizumi Ishino, Keisuke Oki, Mariko Nagata, Kouta Mayanagi, Tsuyoshi Shirai, Takuji Oyama, Kosuke Morikawa, Takeshi Yamagami, and Sonoko Ishino.. Replisome structure and its functions in Archaea. OKAZAKI Fragment Memorial Symposium: Celebrating the 50th anniversary of the discontinuous DNA replication model 2018.12.17-18, Nagoya Univ., Nagoya
  • Mariko Nagata, Sonoko Ishino, Takeshi Yamagami, Yoshizumi Ishino. Regulation of replication fork progression in the hyperthermophilic archaeon Thermococcus kodakarensis. OKAZAKI Fragment Memorial Symposium: Celebrating the 50th anniversary of the discontinuous DNA replication model 2018.12.17-18, Nagoya Univ., Nagoya
  • 石野園子、牧田成人、白石 都、山上 健、宮園健一、田之倉 優、石野良純 アーキア由来損傷塩基特異的エンドヌクレアーゼEndoQの変異体解析 極限環境生物学会2018年度(第19回)年会 2018. 12. 08-09. 松江コンベンションセンター 松江
  • 石野 良純アーキアにおけるレプリソーム構成因子とその機能の多様性について ワークショップ「3Rシステムと高次複合体動態の法則性と多様性」第41回日本分子生物学会年会 2018.11.28-30. パシフィコ横浜 横浜市
  • 山上 健、瀬戸口勇登、沖 啓輔、石野園子、石野良純 クレンアーキオータ門において機能的にヘリカーゼとプライマーゼを連結するタンパク質の検索 第41回日本分子生物学会年会 2018.11.28-30. パシフィコ横浜 横浜市
  • 石野園子、工藤華枝、Stephane Skouloubris、Caroline l’Hermitte-Stead、Asmae Essadik、Jean Christophe Lambry、Hannu Myllykallio、石野良純 ミスマッチ特異的エンドヌクレアーゼEndoMS/NucSのDNA修復における役割 第41回日本分子生物学会年会 2018.11.28-30. パシフィコ横浜 横浜市
  • 永田麻梨子、石野園子、山上 健、石野良純 アーキアのDNA複製進行時におけるMCMの活性制御 第41回日本分子生物学会年会 2018.11.28.-30. パシフィコ横浜 横浜市
  • 沖 啓輔、山上 健、永田麻梨子、高島夏希、真柳浩太、白井 剛、石野園子、石野良純 超好熱性アーキアThermococcus kodakarensis由来ファミリーD DNAポリメラーゼの分子解剖による機能分布の解明 第41回日本分子生物学会年会 2018.11.28-30. パシフィコ横浜 横浜市
  • Yoshizumi Ishino. Different functions of the two Cdc45/RecJ proteins for replication fork progression in Thermococcus kodakarensis. (Keynote speech)12th International Congress on Extremophiles 2018.09.16-20, Naples, Italy
  • Sonoko Ishino, Kouta Mayanagi, Tsuyoshi Shirai, Shinichi Kiyonari, Namiko Imai, Takuji Oyama, and Yoshizumi Ishino. Biochemical and Structural analyses of replication proteins bound to PCNA. 12th International Congress on Extremophiles 2018.09.16-20, Naples, Italy
  • Mariko Nagata, Sonoko Ishino, Takeshi Yamagami, Jan-Robert Simons,Tamotsu Kanai, Haruyuki Atomi, and Yoshizumi Ishino.  Euryarchaea-specific RecJ-like protein may work in stalled fork repair with Hef. 12th International Congress on Extremophiles. 2018.09.16-20 Naples, Italy
  • Keisuke Oki, Takeshi Yamagami, Mariko Nagata, Natsuki Takashima, Kouta Mayanagi, Sonoko Ishino, and Yoshizumi Ishino. Family D DNA polymerase tethers primase and helicase in the replisome in Thermococcus kodakarensis. 12th International Congress on Extremophiles. 2018.09.16-20 Ischia-Naples, Italy
  • Yoshizumi Ishino. Complex formation of Helicase – DNA polymerase – Primase for replication fork progression in Thermococcus kodakarensis. (Invited speech) Molecular Biology of Archaea 6 / EMBO Workshop 2018.09.02-05 University of Vienna, Vienna,  Austria
  • Sonoko Ishino, Ken-ichi Miyazono, Naruto Makita, Tomoko Ito, Masaru Tanokura and Yoshizumi Ishino. Structure-based mutational analysis of the lesion-specific endonuclease. Molecular Biology of Archaea 6 / EMBO Workshop 2018.09.02-05 Vienna Austria
  • 石野良純 Pyrococcusはゲノム安定性維持機構研究にとっての金鉱であった!(30周年記念特別講演)第31回日本アーキア研究会講演会 2018.08.03.-08.04. 神戸大学 神戸
  • 石野 園子、Stephane Skouloubris、工藤 華枝、Caroline l’Hermitte-Stead、Asmae Essadik、Jean-Christophe Lambry、石野 良純、Hannu Myllykallio クランプ分子と協調するDNAミスマッチ特異的切断酵素の進化 第31回日本Archaea研究会講演会 2018.08.03.-08.04. 神戸大学 神戸
  • Yoshizumi Ishino Encounter with a mysterious repeated DNA sequence in 1986 Special Lecture on the 5thAnniversary of the Tohoku Forum for Creativity, “Genome Editing” 2018.07.29. Tohoku University, Sendai
  • 石野園子、Stephane Skouloubris、工藤華枝、Caroline l’Hermitte-Stead、Asmae Essadik、Jean-Christophe Lambry、石野良純、Hannu Myllykallio DNAミスマッチ特異的切断酵素EndoMS/NucSはクランプ分子と協調してゲノムの安定性維持に働く 平成30年度日本生化学会九州支部例会 2018.06.30.-07.01. 九州大学 福岡
  • 永田麻梨子、石野園子、山上 健、石野良純 Replication protein A in Thermococcus kodakarensis functionally interacts with DNA polymerases 平成30年度日本生化学会九州支部例会 2018.06.30.-07.01. 九州大学 福岡
  • 沖 啓輔、永田麻梨子、高島夏希、山上 健、石野園子、石野良純 超好熱性アーキアThermococcus kodakarensisのレプリソーム形成機構解析 平成30年度日本生化学会九州支部例会 2018.06.30.-07.01. 九州大学 福岡
  • 瀬戸口勇登、沖 啓輔、山上 健、石野園子、石野良純 クレンアーキオタにおけるレプリソーム構成タンパク質の探索 平成30年度日本生化学会九州支部例会 2018.06.30.-07.01. 九州大学 福岡
  • 峯 渉、工藤華枝、山上 健、石野良純、石野園子 アーキアに機能的なMutS/MutLタンパク質は存在するか? 平成30年度日本生化学会九州支部例会 2018.06.30.-07.01. 九州大学 福岡
  • 石野良純 蛋白質工学によるDNAポリメラーゼの機能改変 第4回蛋白質工学研究会ワークショップ『蛋白質工学と理論・インシリコアプローチ』 2018.06.25. 朱鷺メッセ 新潟
  • 石野園子、大門克哉、今井奈美子、南雲吉代、山上 健、松川博昭、石野良純 PCRに実用可能なクレンアーキア由来のファミリーB DNAポリメラーゼ 第18回日本蛋白質科学会年会 2018.06.26-28. 朱鷺メッセ 新潟
  • 石野良純 DNA関連酵素と遺伝子工学技術 ~その40年の歴史~ 平成30年度日本農芸化学会西日本支部例会 2018.05.18. アサヒビール(株)博多工場 福岡
  • 石野良純 CRISPR-Cas研究の歴史~ミステリアスな繰り返し配列の発見からゲノム編集技術まで~ 特別講演 第121回日本小児科学会学術集会 2018. 4. 20. 福岡国際会議場 福岡
  • 石野良純 原核微生物の生命機能メカニズムに関する研究 ~バクテリアからアーキアへ~ 2018年度日本農芸化学会受賞講演 2018. 3. 15. ウェスティンナゴヤキャッスル 名古屋
  • 永田麻梨子、石野園子、山上 健、Jan-Robert Simons、金井 保、跡見晴幸、石野良純 Thermococcus kodakarensisの複製フォーク進行および修復を担う2つのCdc45/RecJ 2018年度日本農芸化学会 2018. 3. 16-18. 名城大学 名古屋
  • 沖 啓輔、永田麻梨子、高島夏希、山上 健、石野園子、石野良純 Thermococcus kodakarensisのファミリーD DNAポリメラーゼはヘリカーゼおよびプライマーゼと結合して効率的な複製装置を形成する 2018年度日本農芸化学会 2018. 3. 16-18. 名城大学 名古屋

蛋白質化学工学研究室(2017年度まで)

お問い合わせ

〒819-0395
福岡市西区元岡744
ウエスト5号館  7階

092-802-4717

Copyright © Yoshizumi Ishino, All Rights Reserved.