修了生・卒業生・在籍者

2018年4月より「蛋白質化学工学分野」と「生物化学分野」が統合し、一つの研究室として新たに「生物化学分野」がスタートしました。
リンクで2017年度までのページを表示します。

博士 学位論文

  • 沖 啓輔 (2022)
    Studies on the replisome formation in the hyperthermophilic archaeon Thermococcus kodakarensis: biochemical and structural anatomy
    (超好熱性アーキアThermococcus kodakarensisにおけるDNA複製複合体の機能及び構造解析)
  • 鈴木 匠爾 (2022)
    Genetic and biochemical characterizations and structural prediction of aLhr1 helicase in the thermophilic crenarchaeon Sulfolobus acidocaldarius
    (好熱性クレンアーキアSulfolobus acidocaldariusのaLhr1ヘリカーゼの遺伝学的・生化学的解析および構造予測)
  • 永田 麻梨子 (2019)
    Studies on the regulation of DNA replication fork progression in Thermococcus kodakarensis (Thermococcus kodakarensisにおけるDNA複製フォークの進行制御に関する研究)
  • 大門 克哉 (2019)
    超好熱性アーキアAeropyrum pernix由来の2種のDNAポリメラーゼと複製関連タンパク質に関する研究
  • 高島 夏希 (2019)
    超好熱性アーキアThermococcus kodakarensis由来ファミリーD DNAポリメラーゼの研究 〜高純度精製法の確立と構造−機能解析〜

修士 学位論文

2021年度

  • 池西智憲
    超好熱性アーキアThermococcus kodakarensisのDNA Topoisomerase VI の機能解析
  • 梶川涼夏
    Thermococcus kodakarensisの染色体構造維持機構に関する研究
  • 宮元梨紅
    Thermococcus kodakarensis由来Orc1/Cdc6の調製法の確立と機能解析
  • 山浦昂大
    超好熱性アーキアThermococcus kodakarensisの細胞内におけるIA型トポイソメラーゼの機能に関する研究

2020年度

  • 市川貴大
    アーキアのミスマッチ修復酵素Endonuclease MSとの相互作用因子として見出された8-Oxoguanine glycosylaseの機能解析
  • 田中 志門
    超好熱性アーキア由来ファミリーB3 DNAポリメラーゼの性質比較
  • 原田明佳
    アーキアにおける損傷塩基修復経路の生化学的、遺伝学的研究
  • 深堀貴之
    Taq ポリメラーゼへの逆転写活性付与による新たな1 ステップRT-PCR の開発
  • 吉田直人
    超好熱性アーキアMethanopyrus kandleri 由来DNA ポリメラーゼD の発現手法および精製手法の検討

2019年度

  • 瀬戸口 勇登
    クレンアーキオタSulfolobus solfataricusにおけるレプリソーム構成タンパク質の探索
  • 峯 渉
    アーキアにおけるミスマッチDNA修復の分子機構に関する研究

2018年度

  • 沖 啓輔
    Molecular anatomy for elucidation of the action mechanism of Family D DNA polymerase from the hyperthermophilic archaeon Thermococcus kodakarensis

学士 卒業論文

2021年度

  • 伊藤 吉智
    Bacillus haloduransのIIIB型CRISPR-Cas複合体の機能解析
  • 亀甲 理
    環境メタゲノミクスから得られた新規Casタンパク質の機能解析
  • 田中 葵
    新規小型Cas12組換えタンパク質の発現精製法の検討
  • 中野 華歩
    新規ミニチュアCas候補タンパク質の調製とそれに結合したRNAの同定
  • 吉村 萌由
    新規ミニチュアCasタンパク質の探索と調製および機能解析

2020年度

  • 有川翔一朗
    温泉メタゲノムに存在する新規なCas12aに関する研究
  • 石原一輝
    Vibrio parahaemolyticusのトランスポゾン内にコードされたCRISPR-Cas複合体の機能・構造解析
  • 胡 瑶
    超好熱性アーキアAeropyrum pernixのDNAポリメラーゼB1と複合体を形成する候補タンパク質に関する研究
  • 佐々木敏貴
    超好熱性アーキアPyrococcus furiosus由来複製ヘリカーゼ複合体構造に関する研究
  • 佐藤 星賢
    超好熱性アーキアThermococcus kodakarensis由来APエンドヌクレアーゼの機能解析
  • 松尾 桃子
    ミスマッチ特異的ヌクレアーゼEndoMSとの相互作用因子の阻害機構の解明

2019年度

  • 池西智憲
    Thermococcus kodakarensisの複製時におけるDNAトポロジーの研究 ~Topoisomerase VIの調製と性質解明~
  • 梶川涼夏
    Thermococcus kodakarensisの染色体構造維持機構に関する研究 ~SMC, ScpA, ScpBタンパク質の調製と性質解析~
  • 中村凜子
    Thermococcus kodakarensisに存在する新規ヌクレアーゼの探索研究
  • 宮元梨紅
    Thermococcus kodakarensisのDNA複製開始機構の研究 ~機能的Cdc6/Orc1調製法の確立~
  • 山浦昂大
    Thermococcus kodakarensis細胞内におけるReverse GyraseとTopoisomerase IIIの機能に関する研究

2018年度

  • 市川 貴大
    アーキアのミスマッチエンドヌクレアーゼEndoMS相互作用因子の酸化損傷DNAに対する作用に関する研究
  • 田中 志門
    超好熱菌アーキア由来ファミリーB DNAポリメラーゼの機能比較に関する研究
  • 原田 明佳
    アーキアの損傷塩基修復経路の生化学的、遺伝学的研究
  • 吉田 直人
    超好熱性アーキアMethanopyrus kandleri由来DNAポリメラーゼDの生化学的性質に関する研究
  • 劉 百香
    超好熱性アーキアPyrococcus furiosusの複製ヘリカーゼ構成タンパク質の調製とヌクレアーゼ活性に関する研究

在籍者

  • 松見 理恵 (学術研究員) (2019−2021年度)
  • Do Thuy Linh (IUP) (2020年度)
  • Tao Senran (IUP) (2019年度)
  • Petracco Enzo Raymond (Exchange Program) (2018年度)

生物化学研究室(2017年度まで)

蛋白質化学工学研究室(2017年度まで)

  • 農学研究院 生命機能科学部門 生物機能分子化学講座 生物化学分野
  • 生物資源環境科学府 生命機能科学専攻 生物機能分子化学コース 生物化学分野
  • 農学部 応用生物科学コース 応用生命化学分野 生物化学研究室
  • Biological Chemistry, Department of Bioscience and Biotechnology, Graduate School of Bioresource and Bioenvironmental Sciences
  • システム生命科学府 生命工学講座 極限環境生物工学研究室
  • Biotechnology of Extremophiles, Division of Life Engineering, Graduate School of Systems Life Sciences
Copyright © Yoshizumi Ishino, All Rights Reserved.