植物生産生理学研究室へようこそ!

作物の生産性を向上させることは、農学の最も重要な課題です。

私たちは光合成の基本的な機構を解明し、農業生産の未来と向き合っています。

詳しくはメンバー紹介のページを参照してください。

過去のホームページはこちら(PDF)

植物生産生理学研究室のYouTubeチャンネルはこちら

 

研究室の沿革

本研究室は、植物学講座として大正10年(1921年)農学部の創設と同時に生物系の教育研究を担う基礎講座の一つとして開設されました。 同年5月には、初代教授として纐纈理一郎先生が着任しました。研究室開設当初の研究テーマは植物における水分生理であり、続いて作物の開花生理や休眠の研究、 飼料作物の物質生産研究へと発展して行きました。

 昭和38年(1963年)4月には、講座名は植物学講座から栽培学講座へと変更されました。その後今日に至るまで、 作物を中心とした植物の光合成・物質生産機構の解明と農業生産への応用を主要なテーマとして研究を進めています。平成12年(2000年)4月には、 大学院重点化にともない栽培学講座から植物生産生理学分野へと名称を変更しました。